日本痛風・核酸代謝学会の認定痛風医である専門家の1人は、「実は、高尿酸血症と高血圧は密接に関係しています」と話す。そして、「日本人は血清尿酸値が1(mg/dl)上昇するごとに、男性で18%、女性で25%が高血圧を合併しやすい」と高血圧学会で報告し、注目を集めたという。
 米国の12〜17歳の追跡調査では、尿酸値5.5以上の人は7年後に2倍以上も高血圧と認定されていた。

 理由はいくつか考えられる。尿酸が多く血管に取り込まれると、動脈硬化を引き起こす。また、血管を収縮させるホルモンの分泌が腎臓から増える。尿酸ができる段階でキサンオキシダーゼという酵素が作用し、生じた活性酸素が血管拡張物質である一酸化窒素と結合することで、血管のしなやかさが失われる-などだ。
 「高血圧の患者さんで、高尿酸血症を合併している人には、尿酸値に悪影響を与えない薬で治療を行います。生活習慣の改善を併用しても尿酸値が下がらなければ、高尿酸血症の段階から薬物治療を始めた方がいいでしょう」(専門家)

 ガイドラインでは、尿酸値8以上で高血圧患者の薬物治療を勧めているが、これは主に痛風予防の観点からの提言だ。
 また別の専門家も、こんな言い方をしている。
 「高血圧に合併する高尿酸血症は、脳心血管疾患のリスクとなることが明らかになっています。痛風発作がなくても、尿酸値が7を超えた場合、薬物治療を考えた方がいいと思われます」

 ここで、問題となる尿酸値について触れておこう。
 尿酸は、専門的には「プリン代謝の最終産物」と説明されている。プリン体は、細胞の中の核酸やDNA、RNAの構成成分として存在する。体内では、常に細胞の新陳代謝が繰り返されているが、そのサイクルの中で、細胞が死滅するときには核酸も分解される。
 そして、核酸を構成していたプリン体は、最終的にそれ以上は変化しない尿酸という物質になるのだ。
 また、プリン体はATP(アデノシン三リン酸)という、高いエネルギーを持つ物質の中にも存在している。ATPは身体活動のあらゆる場面で消費され、その後、通常は再び元の状態に戻るが、無酸素運動をしているときなどは、元に戻らず尿酸になる。

 尿酸値は平均で、男性5.5mg/dl、女性が4.5mg/dlぐらいだが、尿酸値が上がる直接的な理由は、「尿酸が作られ過ぎて多い」ことや「尿酸を排泄する力が低下している」ことなどが考えられている。
 尿酸が作られすぎる原因としては、プリン体の代謝障害や、食物として体内に取り入れるプリン体の量が多いことが該当する。二つ目に挙げた尿酸の排泄には、体質と生活習慣的な要因が大きく関係している。
 高尿酸血症は圧倒的に男性が多いといわれる。年齢別で見ると、かつては50代に多かったが、最近では発病年齢のピークは30代と若年化が進んでいる。