【全文】ハリルホジッチ監督吠える!「日本人に足りないボールスピードとは」

写真拡大

先にお伝えした日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督と宮本恒靖氏の対談。番組収録の後は、ハリルホジッチ監督単独による合同取材が行われた。

そこでの話題の中心はクラシコに関して。短い時間ではあったものの、日本サッカーの課題としてあげらる「スピード」について問われると、その現代的な概念について熱弁をふるった。

以下に質疑応答の全文を掲載する。

収録で笑顔を見せるハリルホジッチ監督

―本日の番組収録を終え、率直な感想をお聞かせください。また、ご自身がクラシコで楽しみにしているところはどういった点でしょうか?

(ハリルホジッチ監督、以下略)フランスではよくこういったテレビ番組に出ることがあります。そう見えないかもしれませんが、番組収録にはかなり勉強が必要なのです。それでも、何時間だって話せます、サッカーが大好きだから。

いまクラシコという試合は本当に現代サッカー最高の試合です。その雰囲気は素晴らしく、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシは世界最高の選手の二人です。メッシがスタメンになるかどうかはわかりませんが、スポーツの枠を遥かに超える対戦です。

お互いのクラブの歴史、スペインという国の政治的なコンテクスト、そして経済的効果もこの試合の結果によって出ます。そしてまた、レアル・マドリーとバルセロナの古くからのライバル関係もあり、すべての点においてみるべき試合です。両チームともにこの数試合は少し苦戦しています。スペイン・サッカーはいま過渡期にあると言えるでしょう。

―もし、今の日本代表でレアル・マドリーとバルセロナから帰化できる選手がいるとしたらどの選手を選びますか?

簡単ですよ。私にとってメッシはサッカー史上最高の選手ですから。そしてロナウドもそのレベルから遠くないところにいます。

この偉業を達成している二人、そしてこの何年間も同じレベルを維持している二人、2シーズン3シーズンこういったレベルを保つ選手は過去にもいたのですが、4シーズン5シーズンと同じ成績を出すことは本当に考えられません。だからどちらか。ロナウドかメッシか。

しかしながら、残念なことに帰化は不可能です。でも、冗談抜きにいつか日本もそういったレベルの選手、ロナウドとメッシに負けない世界のトップ・オブ・ザ・トップの選手を輩出すると願いたいです。

WOWOWのクラシコ宣伝ポスター

今回のWOWOWの宣伝ポスターにも描かれている両プレイヤー。現代サッカーを代表する2人だ。

―今回、日本代表監督として試合を見た時に、ヒントにしたい部分はどのようなところでしょうか?

見るべきところがあまりにも沢山ありすぎます。90分間の中でお互いの戦術がどう変わるのか、お互いが完ぺきに知り合っているその中でどうアプローチするのか。最初の戦術もそうですが、現代サッカーは試合の中で戦術が変化するわけです。

ジョゼップ・グアルディオラ時代のバルセロナは攻撃的で今より強かった。でも、私がそこからお手本にしていた部分は高い位置で守備をしてボールを奪う点です。それは私の理想の守備です。

攻撃面、守備面の話をしましたけれど、メッシの守備的な仕事をぜひ見てください。グアルディオラが攻撃の選手に守備の役割を与える才能にはほんとうに脱帽します。もちろん今も昔もバルセロナにも弱点はあるのですが。

通訳のフローラン・ダバディ氏とハリルホジッチ監督

一方、レアル・マドリーを観て私が何を参考にしているかといいますと、レアルのパワーがものすごく好きですね。パワーというのは、セットプレーのときの空中戦の競り合いの強さ、ロナウドももちろんですがセルヒオ・ラモスもラファエル・ヴァラヌもペペも本当にヘディングが強い。彼らのセットプレーを見るのが本当に好きです。

そして番組中にもお願いしましたが、ラファ・ベニテス監督の試合へのアプローチに注目してください。チームのブロックをどの位置に配置するのか、高い位置にするのか、ニュートラルにするのか、あるいは今回は下がり目にするのかもしれません。

―番組内ではメッシが負傷した場合の予想をしていましたが、もし間に合わなかった場合の両チームの戦術はどう変わるのでしょうか?また、監督の予想も変わってくるのでしょうか?

メッシがスタメンであるかどうかだけでなく、調子はどうかという部分、練習を再開しているもののそれは何パーセントでなされているのか。どちらにしろ90分間は厳しいでしょう。メッシといえどもフル出場はかなり難しい。最初からメッシを出すのはリスクが高いなと感じます。


9月26日のラス・パルマスとのゲームで負傷したメッシ、クラシコに間に合うのかが注目されている。

こういった試合は100パーセント全力で削りあう試合になる。もう一度怪我したらどうします?そして今回怪我したら、さらに悪化するかもしれません。ですから先ほどの質問に戻りますと、出るか出ないかは分かりませんが、そのメッシいかんで力関係は全く変わってくるでしょう。一瞬のスキを見つけられるのが彼の特徴です。膠着状態を打開できるのはほんとに彼しかいません。ただ、100パーセントでなかったら、どうなるかはわかりません。

スコア予想は言えませんけど、もし彼がスタメンではないとしとしたら1対1ではないかもしれませんね。

―番組内の予想フォーメーションでも色々な選手がいたわけですが、あの中に日本人選手で入っていてもおかしくない選手はいますか?

才能という面では本田も香川も十分に持っています。ただ、じゃあできるかと言われるとわかりません。しかしながら、忘れてはいけないのは周りの選手に引っ張られて自分でも思わぬ才能が引き出される可能性があるということ。今は難しいかもしれません。しかし、そのチームに加入し少しづつ進化するこによってそのチャンスが出てくるパターンは十分にあります。

―先ほどの番組収録の中で日本人に足りないものとしてボールスピードを挙げていましたが、どのような意味でのスピード、あるいはパワーやフィジカルといったものが足りないと考えているのでしょうか?

色々な面があります。縦に動くボールの速さもありますが、ワンタッチプレーの素早さもある。カウンターにおいても、ボールを運んでいく推進力にスピードがなければ通用しません。裏の動きをする選手、オフザボールの動きをする選手もまたフルダッシュしないといけない時代です。それが中途半端だとボールを出せなくなってしまう。

私はそれをすごく強調しています。要するにスピードというのはボールを持っている選手だけではなく、まわりの選手のスピードでもある。二人だけの関係ではなく三人四人の動きも同じスピードでやらなければならない。守備ブロックもまた、周囲の選手が同じスピードでコーディネートしてボールを奪わないといけない。例え最前線の選手がボールを奪うためにダッシュしても、後ろもそれをフォローしないと意味がないわけです。

通訳のフローラン・ダバディ氏とハリルホジッチ監督2

一番大事なのはディフェンスラインです。ゾーンプレスをかけるときに、ディフェンスラインも素早くコンパクトに距離を保たないといけません。ラインの間のスペースをいつもできるだけコンパクトに保たないといけない。

ビルドアップのときもそうです。中盤の選手がボールを保持して組み立てをするとき、後ろのディフェンスラインも素早く近くにフォローしないと、中盤の選手がボールを奪われた場合、スペースが空いてしまいカウンターでやられてしまいます。

そして、現代サッカーでものすごく大事な役割を担っているのはサイドバックです。私はよくサイドバックのことを現代のプレイメーカーと呼んでいます。カンボジア戦でセンタリングから生まれた本田のゴールはサイドからのプレーでした。前半のロスタイムにも絶好機が生まれたましたが、それもサイドバックのビルドアップから始まったものです。現代サッカーはサイドバックのプレイメーカーとしての役割がとても重要です。


バルセロナのダニ・アウヴェスも現代サッカーを代表するサイドバックの1人だ。

要するに、ボールスピードというのはすべての選手に求めらる迅速さのことなのです。ボールがない時のリカバリーの動きはみなが連動して素早く戻らねばなりません。いま一番私が苦労しているところです。

そうして、このような試合、つまり今回のクラシコで見られるようなスピードを再現するために私は日本で仕事をしているわけです。

11人の選手にはそれぞれの役割があって、そのいずれのスピードも欠かすことの出来ないものなのです。

ハリルホジッチーバルセロナーそして、クロップ

合同取材のなかで着目すべきは、グアルディオラ時代のバルセロナのボール奪取のアプローチを自身にとっての「理想の守備」とした発言であろう。バルセロナに対するこうした観点は、ゲーゲンプレッシングで欧州を席巻したユルゲン・クロップ監督の哲学と軌を一にするものだ。

クロップが用いる「ゲーゲンプレッシング」とは、攻守の切り替わった瞬間に高い位置からプレスをかける守備アプローチのことである。

ハリルホジッチ監督の戦術として縦パスを主体とした速攻に焦点があたることが多いが、どうやら指揮官のもとめる「速さ」とはそれにとどまるものではないようだ。それは、前線からの素早いプレッシングをも兼ね備えたものであり、攻守の両輪によってはじめて現実化されるものなのであろう。指揮官がしきりに「デュエル」を強調するのも、ボールを奪い切るアグレッシブな守備を遂行しているからこそのことであろう。

ユルゲン・クロップ監督は自らのスタイルを「ヘヴィメタルのようなサッカー」と標榜した。奇しくもハリルホジッチ監督もまたハードロック愛好家として知られている。願わくば、彼が青春時代に傾倒したというディープ・パープルやレッド・ツェッペリンのように、スピード・パワー・アグレッションの三拍子そろった激しくも美しいサッカーを日本代表でも奏でて欲しい。

番組情報

今回収録された模様は、21日午後2時半からWOWOWプライムの番組「キックオフ直前!宮本恒靖vsハリルホジッチ クラシコ対談」で放送される予定。また、スタジオ解説をハリルホジッチ監督が務めるクラシコは21日深夜2時からWOWOWライブで独占生中継。ハリルホジッチ監督も「世界中の指導者が手本にする」と語る必見の一戦。ぜひお見逃しなく。

▽キックオフ直前!宮本恒靖vsハリルホジッチ クラシコ対談
クラシコ直前恒例の元日本代表キャプテン宮本恒靖の対談シリーズ。今回の対談相手はヴァイッド・ハリルホジッチ氏だ!
放送日: 11/21(土)午後2:30 〜[WOWOWプライム]※無料放送

▽リーガ・エスパニョーラ ~伝統の一戦 クラシコ~ レアル・マドリード VS バルセロナ
放送日: 11/21(土)深夜2:00 〜 [WOWOWライブ]

【外部リンク】WOWOW内クラシコ特集ページ