レーティング:ハンブルガーSV 3-1 ドルトムント《ブンデスリーガ》

写真拡大

▽ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第13節でハンブルガーSVの本拠地アイエムテック・アレーナに乗り込み、1-3で敗れた。ドルトムントの香川は前半のみの出場に終わり、ハンブルガーSVの酒井高はフル出場した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ハンブルガーSV採点

GK

15 アトラー 6.5

63分のオーバメヤンの至近距離からのシュートや76分のギュンドアンの直接FKを止め、終了間際のカストロの決定的なシュートも2本止めた

DF

24 酒井高徳 6.0

失点に関与もロイス、香川相手に崩れず。自身が得たCKから3点目が生まれた

5 ジュルー 6.0

終始、安定したプレーぶり

4 スパヒッチ 5.5

29分に負傷交代。ハードに戦っていた

(→クレーベル・レイス 6.0)

冷静なプレーを続ける

22 オストルツォレク 6.0

ムヒタリャンに仕事をさせず

MF

27 N・ミュラー 6.0

カウンターの起点となった

28 G・ユング 6.0

21歳。球際の強さを見せる

8 ホルトビー 7.0

絶妙スルーパスでPKを演出。追加点を奪い、3点目を演出

(→ディアス -)

40 カチャル 6.0

中盤での守備で存在感

(→グレゴリッチュ -)

7 イリセビッチ 6.5

先制点となるPK獲得。追加点をアシストした

FW

10 ラソッガ 6.0

PKを確実に決めて先制点をもたらした

監督

ラッバディア 6.5

インテンシティで上回り、完勝

▽ドルトムント採点

GK

38 ビュルキ 5.0

やや厳しい判定だったがPK献上。好守もなかった

DF

28 ギンター 4.5

ミスパスで2失点目に関与。前半で交代

(→ピシュチェク 5.0)

攻撃面で厚みをもたらせず

25 パパスタソプーロス 5.0

1失点目では裏を取られて独走を許した

15 フンメルス 4.5

痛恨のオウンゴールで3失点目を献上。試合の行方を決定付けてしまった

29 シュメルツァー 5.5

攻撃面でアクセントを付ける

MF

10 ムヒタリャン 5.0

やはり右サイドでは窮屈そうな印象

8 ギュンドアン 5.5

直接FKやミドルシュートでゴールに迫る

23 香川真司 5.0

酒井高サイドに流れて仕掛けていたが、効果は薄かった。前半で交代

(→カストロ 5.5)

果敢にシュートに持ち込んでいたが、アトラーに阻まれた

33 ヴァイグル 5.0

プレスに遭ってボールを展開できず

11 ロイス 5.0

負傷が癒えての復帰戦。1本際どいシュートを放つもそれだけだった

(→ヤヌザイ 6.0)

絶妙アシストでオーバメヤンのゴール演出

FW

17 オーバメヤン 6.0

一矢報いてチームの連続ゴール記録を継続。自身は15ゴール目をマークした

監督

トゥヘル 5.0

HSVとのコンディションの差が大きかった。交代策も実らず

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ホルトビー(ハンブルガーSV)

▽GKアトラーも素晴らしかったが、HSV加入後、煮え切らないプレーを続けていたホルトビーを選出。全ゴールに絡んで才能を示し、輝きを放った。

ハンブルガーSV 3-1 ドルトムント

【ハンブルガーSV】

ラソッガ(前19[PK])

ホルトビー(前41)

OG(後10)

【ドルトムント】

オーバメヤン(後41)