ハリルホジッチ監督、宮本恒靖氏と対談「デュエル、メンタルが大事」

写真拡大

WOWOWで放映される「レアル・マドリー×バルセロナ」の伝統の一戦「クラシコ」に向けた番組収録において、元日本代表DF宮本恒靖氏と日本代表監督ヴァヒド・ハリルホジッチ氏の対談が実現した。

宮本恒靖氏とヴァヒド・ハリルホジッチ監督

ハリルホジッチ監督のWOWOW「出演」は、二度目のこと。宮本氏によれば、初登場となったのは2001年8月8日に行われたチャンピオンズリーグの予備選プレーオフのリール対パルマ戦だったという。当時、「10番」を背負いパルマのトップ下に君臨していた中田英寿を封じジャイアントキリングを成し遂げたリールの指揮官が他ならぬハリルホジッチ監督だったのだ。


パスカル・シガンら堅牢な守備陣に加え、アルゼンチン人MFフェルナンド・ダミーコのマンマークによって中田英寿を封じられたパルマは、リールに0-2と敗北する。

日本人選手は優しすぎる

また、二人の意外な接点も発覚。宮本氏はFIFAの運営する大学院「FIFAマスター」の卒業生でもあるが、修士論文のテーマがハリルホジッチ監督が十四歳の時に移住したモスタル市(ボスニア・ヘルツェゴビナ)のスポーツアカデミーと民族融和に関するものだったという。「モスタル」の言葉に指揮官もまた「少年時代のサッカークラブがいまではありえない4トップだった」などと、当時の思い出を懐かしそうに語った。

落ち着いた雰囲気のなか、しだいに話題は日本サッカーの問題点へ。宮本氏からの「日本の選手は監督の指示を聞きすぎるのではないか?」との指摘に対し指揮官は「日本人選手は優しすぎるし、指示を聞きすぎる。たまには自分の指示に従うだけでなく、反乱を起こしてほしい」と語気を強め、そのトーンが波及したのだろう、心なしかこの日通訳を務めたフローラン・ダバディ氏のテンションもまた上がっているようだった。

フローラン・ダバディ氏とハリルホジッチ監督
フィリップ・トルシエ氏の元通訳で知られるダバディ氏、久々の通訳は相変わらず熱かった。

この日、ハリルホジッチ監督が再三にわたって説いたのが球際の強さ、激しさを意味する「デュエル」とメンタル面の「心理的アプローチ」の重要性についてだ。

デュエルに勝つチームが試合を征する

フランスには「デュエルに勝つチームが試合を征する」ということわざがあると言う。ハリルホジッチ監督は、ブラジル・ワールドカップのアルジェリア対ドイツ戦を引き合いに出し現代サッカーにおけるメンタルコントロールの大切さについて熱弁した。

リーガ・エスパニョーラで日本人が通用しない理由について尋ねられると、乾の名を挙げ「テクニックは素晴らしい。彼の問題はデュエルだけ。他の日本人と同じ。デュエルはフィジカルだけではなくメンタルの問題でもあり守備でも攻撃でもありアプローチの問題。彼に球際のタフさがあれば十分通用する」と主張した。


名指しされた乾、ドリブルの印象が強いが、弱点を補い日本代表の中核になれるだろうか。

メッシ、スアレス、ネイマールは仲が良い

番組後半からはクラシコの話題に。勝敗予想では宮本氏が「1-2」でバルセロナの勝利、ハリルホジッチ監督が「1-1」の引き分けとした。ただ、“リアリスト”とも評されるハリルホジッチ監督に神通力はないようで「予想はたいてい外れる」とのこと。

また、指揮官は史上最強とも目されるバルセロナのスリートップ「MSN」についても言及。その強さの秘密について「メッシ、イブラヒモビッチは仲がわるかった。ロナウジーニョ、エトーも犬猿の仲だった。だけど今の三人はとても仲が良い」と話し、抜群のコンビネーションを見せるトリオの秘訣はプライベートでの仲の良さにあると力説した。

収録の最後には、ハリルホジッチ監督がガンバ大阪アカデミーのコーチングスタッフとして指導者のキャリアをスタートさせた宮本氏へ「監督は自分のことじゃなく、他人のことを思う仕事。自分の現役時代の話をしてはいけない。過去を白紙にしないと」とアドバイス。選手やスタッフのメンタルケアなどピッチ外のマネージメントの重要性についても語り「謙虚に、辛抱強く、少しずつ階段を上がらないといけない。そうすれば必ず階段を上がることができる」と熱いエールを送った。

握手する宮本恒靖氏とハリルホジッチ監督

▽キックオフ直前!宮本恒靖vsハリルホジッチ クラシコ対談
クラシコ直前恒例の元日本代表キャプテン宮本恒靖の対談シリーズ。今回の対談相手はヴァイッド・ハリルホジッチ氏だ!
放送日: 11/21(土)午後2:30 〜[WOWOWプライム]※無料放送

【外部リンク】ヴァイッド・ハリルホジッチ氏が伝統の一戦を解説!クラシコのスタジオ解説にハリルホジッチ氏の出演が決定!(WOWOW内クラシコ特集ページ)