「ラブライブ!〜μ’s meet パワーパフ ガールズ」

写真拡大 (全12枚)

11月20日(金)から12月7日(月)まで、渋谷PARCO PART-1 3Fのパルコミュージアムで、日米の人気キャラクターが共演した展示イベント「ラブライブ!〜μ's meet パワーパフ ガールズ」が開催されている。

【パワパフ風μ'sが可愛すぎた! ラブライブ×パワーパフガールズ展の魅力の画像・動画をすべて見る】

イベントでは、μ'sのメンバーをパワーパフ ガールズのタッチで描いたアートワークに加え、スクールアイドルとしての5年間の軌跡をたどる展示や、コラボアイテムを販売している。



コミックタッチで描かれたμ'sメンバーがキュート




アメリカ発のアニメ『パワーパフ ガールズ』と、日本のメディアミックス作品『ラブライブ!』。一方は幼稚園児(!)で一方は高校生だが、ともに、キュートな女の子たちが奮闘する人気作品だ。

注目は、今回のために描き下ろされたコラボレーションアート。TVアニメ『ラブライブ!』の全26話から、エピソードごとに印象的なシーンをピックアップ。

μ'sの結成や幾多のステージパフォーマンス、メンバーの葛藤や感動の名場面など、思い出深い瞬間をコミックタッチで再現した。アメリカンコミックのような、ハイテンションかつ元気いっぱいなμ'sを楽しめる。





また、それらと対になるように、アニメ本編からセレクトされたシーンが並ぶ。学校を廃校の危機から守るため、自分たちにできることをしようと立ち上がった9人の女子生徒。彼女たちの成長を振り返ることができる。



μ’sとしての成長の歴史




アニメ本編に加え、キャスト陣によるユニット・μ'sとしての歴史にもフィーチャー。

1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」から、劇場版の挿入歌・オリジナルサウンドトラックまで、発売されたジャケットアートを公開。さらに、ライブTシャツや神田明神とのコラボグッズなど、節目を彩ったグッズも展示されている。





フォトスポットや売り切れ必至のコラボグッズも!




そのほか、『パワーパフ ガールズ』の日本未発売グッズの展示や、コミックタッチのμ'sと撮影できるフォトスポットを設置。会場物販では、マスコットぬいぐるみやラバーストラップ、アクリルキーホルダー、Tシャツなど、全13種のコラボアイテムを販売する。





TVアニメやCD、書籍、ゲームをなどさまざまなメディアミックスを経て、いまや大きな人気を得た『ラブライブ!』と、日本上陸15周年を迎えたアメリカ・カートゥーン ネットワーク発の『パワーパフ ガールズ』。

そんな両者のコラボレーションが実現したイベントは今後、渋谷PARCOを皮切りに、広島・札幌・名古屋の各PARCOでの開催も予定されている。