<ダンロップフェニックス 2日目◇20日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>
  国内男子ツアー『ダンロップフェニックス』は2日目が終了。この日、藤本佳則とタンヤゴーン・クロンパ(タイ)がともに“66”を回りトータル7アンダーに伸ばし、首位で決勝ラウンドに駒を進めることとなった
 1打差のトータル6アンダー3位に竹谷佳孝。続くトータル5アンダー4位タイにはキム・キョンテ(韓国)、池田勇太、宮里優作、宮本勝昌ら7人が並んだ。さらにトータル4アンダー11位タイには松山英樹、ハン・ジュンゴン(韓国)、ソン・ヨンハン(韓国)がつけた。
 その他では、藤田寛之がトータル3アンダーで14位タイ。先週優勝の片山晋呉がトータル1アンダーの30位タイ。そして、石川遼がトータル2オーバーで47位タイとした。
【2日目の結果】
1位T:藤本佳則(-7)
1位T:タンヤゴーン・クロンパ(-7)
3位:竹谷佳孝(-6)
4位T:池田勇太(-5)
4位T:宮里優作(-5)
4位T:キム・キョンテ(-5)
4位T:宮本勝昌(-5)他
11位T:松山英樹(-4)他
14位T:藤田寛之(-3)他
30位T:片山晋呉(-1)他
47位T:石川遼(+2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>