写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、プレイステーション 4向けRPG『蒼き革命のヴァルキュリア』を2016年冬に発売することを決定。それにあわせて、ティザーサイトおよびティザートレーラー映像を公開した。

本作では、復讐という私怨を胸に秘め戦場のみならず政治や経済など幅広い分野で活躍し、国をも巻き込む戦争を仕掛けた主人公たち、そして、目的遂行の最大の敵として現れる「ヴァルキュリア」の物語が描かれる。さらに、PS4のハイスペックだからこそ実現できる、「緻密さ」と「鮮やかさ」、そして独特な色使いをコンセプトとした新絵画風描画シェーダー「GOUACHE(ガッシュ)」や、RPGながら大軍戦を実現するバトルシステム「LeGION(レギオン)」の実装など、さまざまなチャレンジが行われている。

また、昨日発表された2016年2月10日(水)発売予定のPS4『戦場のヴァルキュリア リマスター』に、本作『蒼き革命のヴァルキュリア』の「バトル体験版」が同梱されることも決定。本作のバトルを一足早く体験したい人は、ぜひ『戦場のヴァルキュリア リマスター』もチェックしておきたい。

○『蒼き革命のヴァルキュリア』ティザートレーラー映像

(C)SEGA