第55回:名選手たちの引退

休場明けとなる九州場所(11月場所)でも
安定した強さを見せている横綱。
日々気を抜くことなく、36度目の優勝へ向けて、
全力を尽くしている。一方、球界では今年、
偉大なる選手たちが続々と引退を発表した。
野球好きの横綱にとって、それらのニュースは
大いに気になっていたという――。

 大相撲九州場所(11月場所)も、終盤戦に入っています。

 秋場所(9月場所)では、横綱に昇進してから初めての途中休場。10月に行なわれた秋巡業には途中から参加したものの、土俵上での稽古は満足にできませんでした。10月下旬、九州場所が開催される博多に入ってからも、どちらかと言えば、多少ゆったり目の、マイペース調整を続けてきました。

 そうした状況から、「はたして白鵬は九州場所に出場できるのか」あるいは「大事をとって再び休場するのか」といった見出しが、各メディアでは綴られていました。

 実際、出場するか否か、私もずいぶんと悩みました。所属する宮城野部屋で、自分と向き合い、じっくりと調整していく中で、かなりの時間をかけて"出場"という結論を、私自身で出しました。

 横綱として、本場所に出る限りは千秋楽まで相撲を取り切る。しかも、優勝争いに最後まで加わっていく――横綱の責任として、私が昇進以来こだわってきたことです。それが、先場所では休場となって、その責任を果たせず、ファンの期待に応えることもできませんでした。

 だからこそ、次に本場所に出るときには、必ず"結果"を出さなければ、ファンに申し訳ないですし、何より私自身、情けないし、納得できない。そういう意味でも、九州場所に挑むことについては、悩みに悩んだ末に出した結論でした。

 最終的には、場所前の稽古で自分が思っている以上に体が動いたこと、他の部屋の力士と稽古する中で、徐々に相撲勘も取り戻せているように思ったので、出場を決断しました。

 迎えた九州場所。初日がパワフルなジョージア出身の栃ノ心、続いて2日目が"モンスター"逸ノ城、さらに3日目もパワーあふれるエジプト出身の大砂嵐と、序盤戦から生きのいい力士との対戦が組まれました。ここで、何とか3連勝。場所前の不安もだいぶ解消され、リズムに乗ることができました。

 そして、4日目。先場所、不覚をとった33歳の元気者、嘉風と対戦しました。嘉風は、今場所も初日に横綱・鶴竜、2日目に大関・稀勢の里と、上位陣を立て続けに撃破。乗りに乗っていましたが、さすがに私は2場所連続で負けるわけにはいきません。

 その分、この一番には一段と気合いを入れて臨みました。その結果、はたき込みで勝利することができました。これは、私にとって大きな白星でしたね。この勝利をきっかけにして、いつものペースがつかめたような気がします。

 それにしても、嘉風のように、30歳を超えるベテランになってから、なお一層力を発揮する力士がいます。嘉風と同部屋(尾車部屋)の豪風は、35歳になった昨年、自身最高位となる関脇まで昇進しました。また、名古屋場所(7月場所)で引退した旭天鵬関は、37歳のときに幕内初優勝を飾りました。力士としてのピークというのは、人それぞれ違うのでしょうね。

 男子アスリートのピークは、一般的に25〜27歳くらいの間ではないかと、私は考えています。自らのことを振り返ってみても、心身ともに充実していたのは、この時期だったかな、と思うからです。

 充実感があるので、次の日まで疲れが残ることがありません。ちょっと前のことなんですが、30歳になった今、「あの頃に戻りたいな......」なんて思ってしまうこともあるくらいです(笑)。

 ただ、それはあくまでも身体的な部分なのでしょう。年齢を重ねてからでも、それまでの経験などから得た、若い頃とは違う"武器"を手にすることで、結果を出していけるのでしょうね。

 そういう意味でも、今季限りで引退した山本昌投手(中日)は、ジャンルは違えどもアスリートとして本当に尊敬する先輩です。プロ野球の世界で50歳まで現役を務め、まさに"スーパー・アスリート"であり、"レジェンド"だと思います。

 山本昌投手とは、名古屋場所の前後などに、何度か酒席をご一緒させていただきました。本当に楽しいお酒を飲まれる方で、なおかつカラオケもお上手です。私も歌うのは嫌いなほうではありませんが、圧倒されましたね(笑)。

 そんな山本昌投手だけでなく、プロ野球界では今年、一時代を築いた名選手たちがこぞって引退しました。巨人の高橋由伸選手と井端弘和選手、中日の選手兼任だった谷繁元信監督や、和田一浩選手、小笠原道大選手。さらに、オリックスの谷佳知選手に、メジャーリーグでも大活躍された楽天の斎藤隆投手......。

 私がモンゴルから日本にやって来て、プロ野球を見始めた頃には皆、第一線で活躍されていた選手ばかりです。そうした若き日に憧れていた選手たちがユニフォームを脱いでいくのは、ひとつの時代が終わったような感じがして、ちょっと寂しい気分になりますね。

 その引退した選手の中でも、今後が最も気になるのは、高橋由伸選手です。先のクライマックスシリーズでも、由伸選手の活躍を期待していただけに、まさか引退して、巨人の監督になるとは思っていませんでした。

 偉大な原辰徳監督の勇退を受けて、40歳の若さで次期監督を打診された由伸選手。突然のことで、短期間で結論を出すには、かなり悩んだことでしょう。そうして、監督という道を選択。そこには、相当な覚悟、決断があったように思います。巨人ファンの私としては、その由伸選手、いや由伸監督への注目は増すばかりです。

 私の個人的な意見ですが、由伸監督は若い分、選手の気持ちがわかる、という強みがあると思っています。それに、ほとんどの選手がこれまでチームメイトだった仲間たち。それぞれの長所・短所、人間性についてもよくわかっていることでしょう。その強みを生かして、ぜひ新たな巨人軍というものを作ってもらえたらいいな、と思います。来シーズンの楽しみが、またひとつ増えました。

 さて、話は戻って九州場所。私と同じ休場明けの横綱・日馬富士も好調をキープして、私とともに優勝争いを演じています。横綱同士、最後まで今場所を引っ張って、大いに盛り上げていきたいですね。そして、今年も最高の締めくくりで終えられればいいな、と思っています。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki