低騒音化で、早朝や深夜などでも使える!

写真拡大

日立コンシューマ・マーケティングは、毎分1.6立方メートルの大風量ナノイオンで髪と頭皮にやさしい風をあたえながら、約63デシベル(dB)の低騒音化で、早朝や深夜などの音が気になる時間帯にも使える、ナノイオンドライヤー「ヘアクリエ プラス+ HD‐NS800」を、2015年11月21日に発売する。

「スカルプモード」を新搭載

新たに開発した騒音低減(SEAN)システムによって、毎分1.6立方メートル(TURBO時、ノズルなしの状態)の大風量と低騒音化(同)を両立した。滑らかで効率的な風の流れをつくる本体内部のファンネル形状と風切り音を低減するウェーブの付いたグラスファイバー製の風切り音低減ファンの搭載で、音が気になるシーンでも使いやすくした。

髪のうるおいをキープして光沢のある健康な強い髪の状態に導くナノイオンドライヤー本来の機能に加えて、約60度(TURBO時の吹出口付近)のやさしい温度の風で頭皮の乾燥のしすぎによる汗などのベタつきを抑える「スカルプモード」を新たに搭載。ブラッシングや風で起きる髪の静電気を抑え、まとまりのある仕上がりに導く。

色は、ピンクトパーズ。

オープン価格