写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ブラザー工業は12月19日(土)と12月20日(日)の二日間、名古屋市科学館と共同で、プロジェクションマッピングイベント「ブラザー グリーンクリスマス 2015 〜Projection Mapping on Brother Earth〜」を開催する。場所は愛知県名古屋市の白川公園、入場は無料だが、整理券が必要なエリアがある。

今回のイベントでは、ブラザー工業がネーミングライツ(命名権)を取得している、ギネス認定のプラネタリウムドーム「Brother Earth」(ブラザーアース)の外壁をスクリーンにして、プロジェクションマッピングを実施。さらに、スマートフォンを用いたAR技術によって、プロジェクションマッピングに「+α」を重ねた映像を、スマートフォンの画面で鑑賞できる。

プロジェクションマッピングのテーマは「砂漠化が進む地球をサンタが救う」で、子供も大人も楽しめる分かりやすいストーリーが展開されるという。概要は以下の通り(詳細は特設サイトを参照のこと)。

■イベント名:
ブラザー グリーンクリスマス 2015
〜Projection Mapping on Brother Earth〜

■日時:
2015年12月19日(土)、20日(日)
18:00〜20:00

■場所:
白川公園(愛知県名古屋市中区栄二丁目)

■整理券
ベストビューエリア/キッズエリアでは必要
(両日とも15時から配布開始、入替制)