Googleビデオ会議「ハングアウト」がアカウントのないユーザーも参加可能に。URL招待制を導入

写真拡大

Google Apps のチャットサービス「ハングアウト」がビデオチャットに URL 招待機能を導入しました。これにより Google アカウントを持たないユーザーも、メールなどで受け取った URL へアクセスするだけでビデオ会議へ参加できるようになりました。

企業ならば社内 LAN に自前の(高価な)ビデオ会議システムを持っていることもありますが、個人やグループでビデオチャットをしようとする場合は Skype や Googleハングアウトのお世話になることがほとんどです。ただ、こうしたウェブベースのグループチャットサービスも、参加メンバー全員がそのサービスのアカウントを持っていなければ利用できません。場合によってはメンバーにサービスへの登録を依頼しなければならず、打ち合わせの前段階で足並みが揃わない経験をした人も多そうです。

Google は、この11月19日からビデオハングアウトに URL 招待制を導入し、会議室を開くユーザー以外は Google アカウントを持っている必要をなくしました。

手順を説明すると、まず Google アカウントを持つユーザーがビデオハングアウトを開始します。そして、参加してもらいたい相手にメールや SNS を通じて会議室の URL を送ります。Google アカウントを持たないメンバーは受け取った URL にアクセスすれば、ビデオ会議に参加できるといった具合。

この10月には Skype も同様に URL 招待制を導入しています。ビデオ会議の主催者がメンバーに Hangout か Skype か(または他のサービスか)をいちいち確認する手間が省けたことで、意思決定のスピードが要求される場面などにおいて、さらにビデオチャットの有効性が高まりそうです。