左から10VAタイプ、20VAタイプ、40VAタイプ。RBSSに認定されているので保守面での心配も少ない(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全4枚)

 アイリスオーヤマは19日、優良防犯機器認定制度(RBSS)に認定されたLED防犯灯を12月上旬から発売することを発表した。

 10VA、20VA、40VAの3タイプで、それぞれに自動点滅機能の有無で各2モデル、合計6製品の構成となる。小型軽量、耐雷サージ性能向上などの特徴を備え、業界最高クラスの発光効率120.8lm/Wを実現。水銀灯や蛍光灯といった既存の防犯灯から切り替えることで電気代を最大約74%削減することを可能としている。

 また、設計寿命は約60,000時間、IP44の防水・防塵性能を有し、寒冷地での使用を想定してマイナス20度での過酷な屋外環境にも対応している。

 「RBSS」は公益社団法人日本防犯設備協会が定めた防犯機器の認定基準で、犯罪抑止力などの防犯性能、製品管理体制、補修パーツ供給などさまざまな基準を満たした製品・メーカーに対して認定される。

 同社は防犯灯のLED化を推進する地方公共団体への販売を強化する。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI