富士通は11月20日、ケンタッキーフライドチキン(以下 KFC)用のネットオーダーシステムを構築したと発表した。10月30日から国内の545店舗においてサービスの運用を開始しているという。

ネットオーダーシステムは、KFCのホームページからメニューの閲覧や選択をし、受け取り店舗や日時を指定して予約注文ができるというもの。クレジットカードやポイントカードによるweb決済も可能だという。

KFCでは、クリスマスシーズンなどの繁忙期には、店舗での事前注文受付や、電話での予約注文受付を行っているものの、通常購入の顧客の待ち時間も非常に長くなってしまうほか、注文予約と通常購入の顧客で店内が混雑し、販売の機会損失が生じるなど、その解決が課題となっていたという。

今回、混雑解決のため、KFCはインターネットによる注文システムを導入した。

オーダー情報は、その店舗ごとのPOSシステムと連携しているため、事前に決済済み場合は、受け取り時間に来店した際、商品をスムーズに受け取ることができるという。また、店舗としても、従来の販売方法に加えてあらたなチャネルをもつことにより販売機会を増やすとともに、効率的な店舗運営の実現が期待できるという。