画像

写真拡大

 サイバーエージェントが運営するオンラインビデオ総研は、動画広告領域において慶応義塾大学と共同研究を開始。研究の第一弾としてテレビCMに接触しない層の生活実態を探る。

 サイバーエージェントが運営する、動画広告に特化した調査機関であるオンラインビデオ総研は、動画広告領域において慶応義塾大学と共同研究を開始した。同研究では、テレビCMに接触しない層を「ローテレ(=Low TVCM Reach Group)」、テレビCMに多く接触する層を「ハイテレ=(High TVCM Reach Group)」と定義し、その接触頻度により全6グループに分類。そして、今回研究の第一弾として特にローテレの生活実態を探っていく。

 またサイバーエージェントでは6グループの分類を行うにあたり、全国約2万人を対象とした調査を実施。そのデータをもとに、各グループにおけるWebメディア接触状況や生活実態を比較調査し、6つのグループをさらに細分化したライフスタイルモデルに分類していく。同研究の成果は2016年1月に発表される予定。

MarkeZine編集部[著]