パワハラで自殺した岐阜県職員 県が約9600万円を支払い和解へ

ざっくり言うと

  • 2013年に自殺した岐阜県庁の職員の遺族が県に損害賠償を求めた訴訟
  • 県が約9600万円を支払って和解する方針であることが分かった
  • 職員は上司から「給料がもらえると思うな」などとパワハラを受けていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング