【ラグビー】次に世界を驚かすのは彼女たち!? 女子代表「サクラセブンズ」日本観戦の見どころ

写真拡大

それは世界中が熱狂した瞬間だった! 

実は冬のほうがやせやすかった! 「タオルだけで痩せる」簡単ダイエット法

ラグビー日本代表が、ワールドカップで、強豪・南アフリカを倒して勝利したのだ。たとえるならバンビが巨像を倒したくらいのインパクトはあったと思う。

瞬く間にラグビーというスポーツが脚光を浴び、お茶の間でも市民権を得た。

さらに五郎丸歩選手がやるキック前のポーズが話題となり、社会現象を巻き起こしたのは言うまでもない。

その追い風を受け、いまチェックしておきたいのが、たくましく凛々しい女子7人制ラグビー日本代表「サクラセブンズ」である。

折しも、2016年リオ五輪で7人制ラグビーが正式競技となり、これまでにない大きな舞台が用意されたラグビー選手たち。

いち早く出場権を手に入れた男子7人制ラグビー日本代表に続き、今度はサクラセブンズがリオへの切符を取ろうと奮闘する!

11月7日、8日に香港で行われたアジア予選第1戦は、見事サクラセブンズが1位で通過した。
続いて行われる第2戦が、11月28日、29日に、なんと日本で行われるのだ。

すなわち、ラグビー史上初めてのオリンピックに、男女揃って参加できるかどうかは、この2日間の試合にかかっている! 

その貴重な試合を、テレビではなく、ライブで観戦できるというまたとない機会なのだ。

そもそも、ラグビーといえば馴染みがあるのは15人制だが、7人制ラグビー、通称「セブンズ」では、どういうところが見どころとなるのか?

また、サクラセブンズの魅力はどんな点なのか?日本ラグビーフットボール協会の広報、土橋百合さんに話を伺った。

――まずは、日本代表が南アフリカのチームを制してから起きた一大旋風についての感想から聞かせてください。

「まさかこんな日が来るとは……という感想です。数カ月前に予想できた人は少なかったのではないかと。最初はコアなラグビーファンの方にしか伝わらないかと思ったのですが、翌日のニュースではたくさん取り上げていただきました」

――五郎丸選手のポーズがクローズアップされ、さらに反響が大きくなりましたね。

「電話が殺到しましたし、取材をはじめ、映像や写真の貸出依頼もたくさんいただいています。五郎丸選手によって、お茶の間の浸透度が広がりました。今は、トップリーグのチケットも過去最高の売れ行きとなり、うれしい悲鳴を上げています」

――サクラセブンズにもスポットが当たり、男女揃ってのリオオリンピックに向けて盛り上がってきましたね。

「そうなんです。この流れで、男女共々、オリンピックに出てほしいと思います。ただ、無名時代から、サクラセブンズを応援してくれていたおじさまたちから『有名になっていくのがちょっと寂しい』というメールをいただいたりもしています」

――サクラセブンズの現場の雰囲気はいかがでしょうか?

「本当に仲が良いので、チームワークは抜群です。今は家族よりも過ごす時間が長いですし。私も香港に一緒に行きましたが、バスの中ではみんな大合唱をしているんです(ここで楽しそうに歌う動画を見せてくれた)。まだ青春が続いていて、夢を追い求めている感じです!」

――サクラセブンズのポスターがとても素敵です。これはどういうアイデアから生まれたものですか?

「見た目も可愛い子たちが激しいプレイをするというのがサクラセブンズの魅力でもあります。普段はスッピンですが、絶対に素材がいいと思っていたので、今回はちゃんとお化粧し、ポージングして撮りました。

今は、日本代表のスコッドと呼ばれる候補選手は21人いて、その中から7人を選ぶというのは大変でしたが、サクラセブンズをみなさんに知ってもらうためには、7人の構図でいくしかないと思って、マネージャーに相談しました。それで、前回の昇格予選大会の出場時間が長かった選手7人を選びました」

セブンズの面白さは”スピード感”

――唯一のプロである山口真理恵選手を筆頭にしたメンバー7人は、かなりビジュアル的にもイケてます。男性なら、タックルされたいと思うかもしれません!

「そうなんです! 実際、今は山口選手もそうですが、桑井亜乃選手もご年配の方々から人気がありますし、冨田真紀子選手は、お姉さん(冨田彩紀子さん)がミス・ユニバースの岩手代表なんです。みんな、かなり粒揃いだと思います」

――セブンズの面白さについて教えてください。

「やっぱりスピード感だと思います。

15人制と同じピッチの広さなんですが、7人なので、一人ひとりの守備範囲が広くなるんです。一瞬の隙を狙って相手を抜き交わしてトライするので、すごくエキサイティングです。ただ、動き回るから選手は大変で、練習の時からかなり走りこんでいます。

女子も男子同様に体を大きくしないとダメなんですが、セブンズの場合、同時に走れないといけません。

15人制だと職人的な感じで、朴訥とやるポジションもあると思うんですが、セブンズの場合は、フォワードでも走り回るので、とにかくフィットネスを上げるトレーニングをしています。

GPSを装着して、試合や練習中にどれくらい動けたかのデータを取ったり、平均的な数値を高めることも目標にしてやっています。

日本人は体が小さい分、スマートなラグビーはできないので、とにかく走り回って体力をつけるしかない。日本人の泥臭さというか、当たっては崩れ、少しずつ前に進んでトライを取りに行く感じです」

強豪はカザフスタンと中国、香港

――いよいよ迫ってきた11月28日・29日の日本大会での目標についてもお聞きしたいです。

「日本は第1戦を1位で来ているので、そのまま良い形でアジア予選を1位で通過したいです。強豪はカザフスタンと中国、香港です。

現在2位のカザフスタンも4位の中国も、体の大きい選手が多く、みんなが捨て身のタックルをしてくるので、油断はできません。できれば全勝してリオに行きたいです。

また、日本でその大会が開催されるのは貴重な機会ですし、ぜひ、歴史的瞬間に立ち会って、応援していただきたいです!」

なでしこジャパンの次に来るのは、サクラセブンズだ。

今ならまだ、第2戦のチケットは発売中で、彼女たちが初のオリンピックへの切符を手にする記念すべき試合の目撃者になれる可能性は大である! 

一般席なら2000円とリーズナブルだし、出入り自由で、1日中楽しめるというのも感激。1つ付け加えるなら、応援に行く時は、サクラセブンズのカラーであるピンクや白の服を着ていき、選手と心を一体化させてエールを送ってほしい。

「女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会」

日時:11月28日(土)、29日(日) 10:00キックオフ 両日9試合開催予定
会場:東京・秩父宮ラグビー場
入場料:1日券・自由席一般 前売り2,000円 当日2,500円
問い合わせ:日本ラグビーフットボール協会事務局
TEL 03・3401・3290(10:00〜18:00 火曜定休)