侍ジャパン、9回死球で微妙な判定 勝負を分けるポイントの1つに

ざっくり言うと

  • 侍ジャパンは19日、プレミア12の準決勝戦で韓国に3−4で逆転負けを喫した
  • 則本昂大が9回に投じたボールは、ストライクにも見えたが審判は死球と判定
  • その後に逆転を許し、試合のポイントの1つだったと筆者は述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング