鉱山で崩落事故 5人が41日間閉じ込められゴキブリやカエルを食べて生存

ざっくり言うと

  • タンザニアで鉱山労働者5人が41日間閉じ込められた後に救出された
  • 10月5日の崩落事故で6人が閉じ込められ、うち1人は1か月後に死亡した
  • 生存者はゴキブリ、カエル、昆虫を食べ、坑内に染み出ていた水を飲んでいた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング