怠慢に映った吉田の守備はいただけない。先月のイラン戦に続き大きなミスをしたのだから、来年3月の予選でスタメンから外されても不思議はないだろう。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 カンボジアに苦戦する日本の戦いぶりを見て、ふと思い出したのが悪夢のUAE戦だった。
 
【PHOTOギャラリー】カンボジア 0-2 日本

 2015年1月、オーストラリアで開催されたアジアカップのUAE戦当日。シドニーにあるメディアセンターでの話題はもっぱら、「明日からのホテルをどうするか」だった。
 
 日本がUAEを破って準決勝に勝ち進めば、対戦相手はホスト国のオーストラリア。前回大会(2011年)のファイナルと同一カードの舞台が、大都市のシドニーやメルボルンよりもずっとホテルが少ないニューカッスルとあって、日本人記者の一部は宿探しに躍起になっていた。
 
 またある人たちは、日本が決勝で当たるかもしれないイランとイラクの一戦(メディアセンターでライブ中継されていた)にクギ付けになっていた。日本対UAE戦がすでにキックオフされているというのに、PK戦にもつれ込んだ中東対決の結末を見届けてから、記者席に来る者もいたほどだ。
 
 かくいう自分も、UAE戦のキックオフ直前に「明日は、どの選手に話を訊こうかな」などとぼんやり考えていた。要するに、日本が勝つものと踏んでいた。そして明らかに油断していたのは、選手たちも同じだった。
 
 英国の一般紙『デイリー・テレグラフ』のスミシーズ記者が「日本はおそらく試合前から準決勝のことを考えていた」と試合後に指摘したとおり、確かに選手たちのプレーに気持ちが入っていなかった。そうでなければ、7分の失点は説明がつかなかった。
 
 開始直後にあっさり裏を取られたにもかかわらず、その6分後に同じようなカウンターを許しているのだから、“過信”が招いた失態だった。その証拠にアンカーの長谷部誠は「先制されるまで集中を欠いていた」と素直にコメントしていた。
 
 ただ、日本の敗因は「油断」だけではない。着目すべきはUAEの戦い方だった。
 
 とりわけ、トップ下が主戦場の0・アブドゥラフマンが4-4-2の右サイドで先発し、日本の守備陣を少なからず混乱させた点は見逃せない。この司令塔を潰しに行くのはアンカーの長谷部か、左SBの長友か、日本が妥当な対応策を見出せないうちにまんまと先制したUAEは、直後に4-2-3-1へと変更。O・アブドゥラフマンを定位置のトップ下に戻したのだ。
 
 以降のUAEは割り切った守り方で日本の攻撃を防いでいた。たとえサイドでボールを支配されても、中央のエリアは突破させない。ボールに食い付かず、ゴール前に入っていた日本の選手をとにかく抑えるようなディフェンスで、上手く凌いでいた。
 
 シュート数は日本の35対3。しかし、前半途中からハーフコートゲームと言っても差し支えない試合展開だったにもかかわらず、ゴールネットを揺らしたのはわずか1回だった。柴粼のミドルで追いつくのが精いっぱいだった日本は結局、PK戦の末に敗れた。
 
 あの悪夢から約10か月が経過した今も、日本はフラストレーションの募るサッカーを続けている。八百長疑惑で解任されたアギーレからハリルホジッチに指揮権が移っても、引いた相手を攻め崩すのに苦労し、油断からピンチを招いているのだ。これは、見逃せない事実だろう。
 
 アジア2次予選でやきもきさせる試合が多い理由は、もしかしたらアジアで勝ち慣れてしまったところにあるのかもしれない。少なくとも、ワールドカップの本大会初出場を目指し、一つひとつの試合をそれこそ必死になって戦っていた93年当時の日本代表のような熱い魂が、現代表には感じられない。
 
 20年以上前の代表チームを持ち出されてもと、そんな意見もあるだろう。確かに当時の選手たちと比べるのはナンセンスかもしれないが、最近の代表戦を観て素直に面白いと思う方は果たしてどれだけいるのか。戦ううえでの根本的なファクター──闘志、ガムシャラさといったものが、現代表には抜け落ちているように見える。
 
 今回のカンボジア戦でなにより気になったのは、防げるはずなのに、なぜかいとも簡単に決定機を許した吉田の怠慢な守備だ。
 
 普段は世界最高峰のイングランド・プレミアリーグで戦っている実力派のCBが、いわば無名のアタッカーにぶっちぎられ、シュートまで持ち込まれたのである。相手のシュートミスに助けられて大惨事には至らなかったとはいえ、最後の中途半端な寄せはいただけなかった。
 
 エリア内だったから、あそこで激しくチャージすればPKを取られるリスクはあったが、それでもあのディフェンスは杜撰に映った。闘志という部分でも、日本に一泡吹かせてやろうとガムシャラにボールを運んでGKの西川をもヒヤリとさせたカンボジアの9番・ラボラビーに、吉田は劣っていた。
 
 あのような守備が今後も見られるようなら、日本はいずれ痛い目に遭うだろう。もちろん、現在進行しているアジア2次予選はここまでくれば間違いなく突破できる。問題は、アジアの曲者が集結する最終予選だ。
 
 その最終予選を見据えたイランとのテストマッチで、日本が大苦戦したのは記憶に新しい。縦へのスピード、球際の強さといったハリルホジッチ監督が求める要素で日本は劣り、結果は1-1の引き分けながらも内容で完敗を喫した。ちなみに、この試合でも吉田は軽い守備から失点につながるPKを与えている。
 
 アグレッシブな守備で日本にスピーディかつテクニカルなサッカーをさせなかったイランのように、最終予選では色んな罠を仕掛けてくる難敵と戦うはずだ。アジアカップの時のように、余裕をかますような戦い方で臨めばUAE戦と同じ轍を踏むはめになるだろう。
 
 つまり、防げるはずの失点で貴重な勝ち星を落とし、ひいてはワールドカップの出場権に手が届かない事態になる可能性も十分にあるということだ。
 
 実際、今年のアジアカップはUAEの狡猾な戦略にまんまとはまりベスト8で敗退。格下揃いのアジア2次予選でも予想以上に多くのピンチを招いているのだから、ロシア・ワールドカップ本大会への道のりは決して甘くないだろう。
 
 吉田の守備に代表されるように、現代表は優秀なタレントがいながらもどこか危うさが漂う。あくまで主観ながら、温く見えるチームの空気感を一掃するには、選手たちの意識改革がポイントになるかもしれない。
 
 気掛かりに映るのは、彼らの少し大人しいスタンスだ。金崎が怪我で欠場したのは致し方ないとしても、例えばシンガポール戦で2ゴールに絡んだ武藤。指揮官の期待に結果で応えたにもかかわらず、続くカンボジア戦でベンチスタートとはやるせない。
 
 ハリルホジッチ監督にはより多くの選手をテストしたい意向があっただろうが、岡崎に危機感を植え付ける意味でも武藤をCFとしてカンボジア戦で起用すべきだった。
 
 岡崎は今回のアジア2次予選でスーパーな活躍をしているわけではない。むしろ、チグハグなプレーが目立ち、CFとしては不十分に見える。それでもポジションが与えられてしまう現状は、決して健全ではない。欧州組だからと、そんな見方をされても不思議はないだろう。
 
 93年当時の代表チームでは、監督の起用法に納得がいかずミーティングの席で「なぜ俺が試合に出られないのか!」と直訴した選手もいたそうだ。
 
 そういう主張が時にはあってもいい。代表チームはベテランも若手も関係なく、そこに集められた選手がガムシャラにポジションを奪い合って、互いに切磋琢磨していく場所である。
 
 一種殺伐とした空気感が生まれれば、ピッチに立った選手は下手なプレーなどできなくなる。ある意味、サッカーはメンタルスポーツだ。
 
 技術や経験が不足していても、メラメラとした闘争心だけで戦える部分は間違いなくある。それは、カンボジア代表のラボラビーが吉田を翻ろうしたシーンからも分かるだろう。
 
 ここからは、そうした必死さがロシアに辿り着く過程で極めて重要になる。ワールドカップ出場は当たり前という考え方は、一旦捨てたほうがいい。