あれ? 手がガサガサする。昔買ったハンドクリームがあるけど、使っても大丈夫だよね?! それはちょっと待ってください。ハンドクリームやボディクリームにも消費期限がありますよ。

なぜか増えていくハンドクリーム

可愛いパッケージや好きな香りがあるとつい買ってしまったり、海外旅行などのお土産でももらうことも多いハンドクリーム。気がついたらハンドクリームがたくさん……。意外とよくある話なのですが、昔のものを使う際には消費期限を確認するようにしてください。未開封のものであっても、ハンドクリームなどの化粧品類の消費期限は約3年です。また一度開封したものは半年くらいで使い切ることが望ましいとされています。得にハンドクリームは保湿や手荒れを防止するために油分を使っていることが多く、油分は空気に触れると酸化するものです。酸化したものはでは十分な効果が得られないだけでなく、湿疹やかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性もあるため注意しましょう。

匂いが変わっていないかをチェック

消費期限が書かれていないハンドクリームの場合は、匂いでチェックしましょう。天然成分のものはもちろん、香料を使用したものでも、古くなると油臭くなったり本来の香りが損なわれることが多いのです。また手に出してみて油と水が分離してしまっているものや、変色しているものも使用を諦めましょう。香りやテクスチャーでも変化がわからないものは、まず手や足の一部分に少し塗って1日以上様子を見ることをおすすめします。肌トラブルは塗ってすぐよりも翌日以降に現れることが多いからです。

古いハンドクリームの再利用法

古くなってしまったハンドクリームだからといって捨てるのはもったいないですよね。そこでおすすめの再利用法を伝授しちゃいます。比較的新しいものであるならば、毛先に少量つけて洗い流さないトリートメントに。ツヤツヤになるし、香りの良いものならフレグランス効果も。ただしつけ過ぎるとベタベタになってしまうのでほんの少しにしておきましょうね。またシェービングの際に保護クリームとして使うと肌が傷つきにくく、保湿成分でかさつきも防いでくれます。

できれば使い切りたいハンドクリームですが、再利用法も参考にしてみてくださいね。


writer:しゃけごはん