画像
 11月19日、ヴァリューズは、自社や競合など、サイトを指定して集客構造を簡単に比較できる流入元分析ツール「【eMark+】Site Analyzer」をリリースした。

 ヴァリューズは、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+(ヴァリューズ イーマークプラス)」の集客分析機能を強化し、集客構造を簡単に比較できる流入元分析ツール「【eMark+】Site Analyzer(イーマークプラス サイト アナライザー)」をリリースした。サイトへのタグ設定は必要なく、一般的なアクセス解析ツールとは検索キーワードの取得方法が異なるため、Google検索やYahoo!検索など検索のSSL化の影響を受けないキーワード分析が可能。
【eMark+】Site Analyzer 画面イメージ

 「VALUES eMark+」は、自社だけでなく競合他社や市場も含めた3C(Customer:市場・顧客、Company:自社、Competitor:競合)分析を、ひとつのデータソースから実現できる、インターネット行動ログ分析サービス。約20万人規模の行動ログモニター会員による消費者パネルを保有し、インターネット上の行動データから、サイトへのアクセス状況を分析できる。「【eMark+】Site Analyzer」の正式リリースにより、集客構造を簡単に比較できる流入元分析機能を拡張した。

 「ユーザー数推移」「基本指標」「ユーザー属性」といったサイトの基本指標やユーザー属性をチェックする機能は無料で利用できる。競合サイトの訪問者数の推移を確認したり、セッション数・PV数・直帰率・平均滞在時間などのサイト基本指標を自社と競合で比較することが可能。性別・年代・エリア・職業などサイト訪問者の属性構成を把握できることも特長。

MarkeZine編集部[著]