「FUJIFILM LTO Ultrium7 データカートリッジ」の本体とパッケージ(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 富士フイルムは最大記憶容量15TBの「LTO Ultrium規格」第7世代に対応した「FUJIFILM LTO Ultrium7データカートリッジ」を18日から発売開始した。

 独自の「BaFeバリウムフェライト)磁性体技術」と「NANOCUBIC技術」により高記録密度を達成。最大記録容量は15.0TB(非圧縮時6.0TB)、転送速度は750MB/秒(非圧縮時300MB/秒)に対応している。

 なお、第7世代LTOの「LTO7」は前世代の「LTO6」と比べて記憶容量が2.4倍に大容量化、データ転送速度も約1.9倍に高速化している。

 製品構成は、データの書き換えが可能な「Re-Writableタイプ」5巻×4、1回書き込みのみ可能な「Write Once, Read Many(WORM)タイプ」5巻×4、プラスチックケースを省き、シンプルな包装仕様の「ECOパック」20巻×4の3タイプ。価格はいずれもオープン。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI