フィギュア“滑走順抽選”中継、フジテレビが全日本選手権で実施へ。

写真拡大

フジテレビは12月24日、「全日本フィギュアスケート選手権2015」の“滑走順抽選”の模様を、インターネットで独占生中継する。“滑走順抽選”のネット生中継は、大会史上初の試みだ。

「全日本フィギュアスケート選手権2015」は、日本スケート連盟が主催する選手権大会。今年は12月25日(金)〜27日(日)、札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナにて開催される。本大会は、来年2月に台北で開催の「四大陸フィギュアスケート選手権」および3月にボストンで開催の「世界フィギュアスケート選手権」の代表選考も兼ねた、国内最高峰の選手権大会だ。

男子では、先シーズン失った世界王者の称号を取り戻すために全日本4連覇を狙う羽生結弦をはじめ、宇野昌磨、村上大介、無良崇人、小塚崇彦、そしてジュニアから山本草太らによる表彰台争いが予想されている。

また女子では、1年の休養を経てこの全日本選手権に照準を絞り復帰した浅田真央、そして「浅田真央を見て育ってきた世代」の、昨年の女王にして世界選手権銀メダルを獲得した17歳の宮原知子をはじめ、躍進が止まらない本郷理華、そして昨年衝撃的なデビューを飾った樋口新葉ら続々と若い選手が台頭してきており、彼女たちの激しくも華やかな戦いに注目が集まっている。

そして大会史上初めてネット生中継をする“滑走順抽選”は、選手がどのような順番で出場するかを決定する、フィギュアスケートファンから注目されるイベント。大会前日の選手の緊迫感や表情をリアルタイムに伝えることで、翌日から始まる大会をより一層楽しめるという企画だ。

フジテレビは「全日本フィギュアスケート選手権2015」を、地上波放送、BS放送、CS放送、インターネットの4つのメディアを駆使した中継体制で放送・配信。そして年明けに控えた「四大陸フィギュアスケート選手権」「世界フィギュアスケート選手権」へと、今シーズンもフィギュアスケート選手権大会を様々な技術やメディアを活用して盛り上げていく。