Doctors Me(ドクターズミー)- 「尊厳死」の問題、あなたはどう考えますか?

写真拡大

尊厳死とは、一般に回復の見込みがなく、肉体的に耐えがたい苦痛があり、避けられない死が迫っている場合、生命維持装置などで延命措置をせず、寿命を受け入れ最期を迎えることを言います。この尊厳死については、いろいろな考え方があり、社会的にも複雑な問題となっています。

今回はこの「尊厳死」とはどんなものか、尊厳死を選ぶ際にどんな問題があるのかなど、詳しい話を医師に聞いてきました。

尊厳死は安楽死とはどう違うのか

尊厳死と安楽死の違いは、厳密に定義すると難しいのですが、「安楽死」と呼ばれるものには大きく2種類あります。

1. 積極的安楽死
医師が薬剤などを用いて意識的に命を絶つこと

2. 消極的安楽死
延命処置を避け自然な形での死をめざすこと

医師が致死量の薬を投与するなどして命を絶つ「1. 積極的安楽死」は日本では違法です。一方「2. 消極的安楽死」は、延命措置を避けるという点で「尊厳死」とほぼ同義で使われています。

本人の意思が反映されづらい尊厳死

回復の見込みがなく避けられない死が迫っている場合、生命維持装置を付けるかどうかについては、本人の希望に即して行われることが多いです。しかし、いざというとき決定は本人でなく、決定が家族に託され、家族が重いプレッシャーに苦しむ場合が多くあります。

そうなってしまう背景には、

・本人が判断をできるような状態でないことが多く、家族に決断がゆだねられる
・家族が「寿命を延ばさない」という選択をするのに心理的抵抗がある

といったことがあります。

尊厳死の意思表示の方法

また、普段から「生命維持装置などで無理やり生かされるのは嫌だ」という話をしていても、いざ深刻な状態になったとき家族がそれを思い出し、希望通りにしててくれるとは限りません。

そのため書面にして家族に文書を作ったことを伝えておくことが望ましいです。また「日本尊厳死協会」という団体もあり、入会すると定期的に会報も送られるので、家族が本人の意思をきちんと理解する助けになるでしょう。

ハードルが高い尊厳死

尊厳死について議論の焦点となるのは、「死んでしまうとわかっているのに生命維持装置を外すことができるのか」という倫理的な問題です。はじめからつけないのであれば許されるのに、やめるのは許されないというのは不思議に感じられるかもしれませんが、明らかに死んでしまうとわかっているのに人工呼吸器を外すのは「殺人罪」にあたるのでは、という考え方もあるのです。

どのような場合に「殺人罪」にあたらないのかなど、確実に法的な裏付けを取るのは難しいため、殺人罪として起訴されることを恐れ、生命維持装置を外すことをためらう医師も多く、尊厳死のハードルは極めて高くなっています。

医師からのアドバイス

尊厳死を明確に定義し、患者自身が実践することは簡単ではないという現実はありますが、尊厳死を希望する方は、自らが望む最期を迎えられるように、誕生日やお正月など毎年1回は日付と署名を入れた文書で、家族に希望を伝えるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)