日本代表選手たちは何をツイートしたのか?カンボジア戦後に投稿されたTwitterまとめ

写真拡大

カンボジア戦を終え、年内全てのスケジュールを終えた日本代表。

次のインターナショナルマッチウィークは来年3月。2018年ワールドカップアジア2次予選の最終節が待っている。

Posted by サッカー日本代表 on 2015年11月18日

では今回のカンボジア戦を終え、選手たちは自身のTwitterに何を投稿していたのだろうか?

今回は、前回のシンガポール戦同様、17日のカンボジア戦後に日本代表選手がツイートした内容をまとめてみる。

対象となるのは、今回の招集メンバーに選ばれている選手の中で公式認証マーク付きのアカウントを持つ選手。そのなかで、17日の試合が終了した時間からおよそ24時間に投稿されたツイートを集約する(日本時間18日午後11時15分までの投稿を集計)。

時系列で掲載することによって、選手たちの行動様式が見えてくるかもしれない。それでは見ていこう。

※招集メンバーはこちらから

#6 森重 真人

<現地時間:18日(水)午前8時11分>

日本とプノンペンの時差は2時間。早朝朝8時にまず投稿したのは、FC東京の森重だ。

金崎、清武、西川と「大分カルテット」を結成し記念写真。この4選手はシンガポール戦で先発していた。

服装や背景を見ると、ちょうど朝食を食べ終わった頃なのかもしれない。

#12 西川 周作

<現地時間:18日(水)午前8時20分>

森重から遅れること9分、浦和レッズの西川も「大分カルテット」の写真をツイートした。

「また週末頑張ります!!!」と、J1最終節への意気込みも投稿している。

#5 長友 佑都

<現地時間:18日(水)午前9時18分>

長友は本田や香川と豪華な3ショットを紹介してくれた。

投稿時間は朝9時すぎ。ひょっとしたらこの3名だけは別の便で早めに出発したのかもしれない。

香川がリツイート

<現地時間:18日(水)午前9時25分>

その後長友は機内の自分の席に移動し、おやすみの投稿。

ミラノまでは相当なフライト時間であるため、機内でしっかりと体を休めるのだろう。

それにしても、豪華なシートである…。