「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」初日チケットの売り切れ劇場続出。

写真拡大

シリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開1か月前となった11月18日午前0時から、全国367館の上映劇場でチケットの先行予約販売がスタートした。

予約販売の対象となったのは12月18日(金)18時30分の回と、19日(土)、20日(日)の3日間に行われる日本全国“同時刻”特別上映の回で、“メモリアル・パンフレット”が購入可能という特典がついたもの。

17日深夜から、チケットの獲得を目指す全国のファンのツイートが急増し、18日午前0時に、この記念すべき上映のチケットを求めるファンが各劇場のサイトに一斉にアクセスを開始した。各劇場のWEBサイトには問い合わせ&アクセスが集中し、サーバーダウンする劇場が続出。瞬く間に、日劇、六本木、新宿をはじめとする各劇場で12月18日18時30ふんの初回が売り切れ、順次19日、20日の上映も埋まっていった。

また、インターネットでのアクセス集中を予想し、劇場の窓口に直接出向いたファンも多く、長蛇の列のできる劇場もあった。

さらに同じく18日午前0時より発売開始となったムビチケオンライン券も、僅か半日で「アベンジャース/エイジ・オブ・ウルトロン」の最終販売枚数である3,001枚を上回る、4,000枚超の異例の売り上げを記録した。

無事に希望劇場のチケットを獲得できたファン、5桁のアクセス待ちを表示され悲嘆に暮れるファンなど、悲喜こもごものツィートも急増。一本の映画の入場チケットを巡り、ここまでの状態になったのはまさしく前代未聞で、それはまさに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が映画という枠を超えた一大イベントであることを証明することとなった。

11月18日15時現在で、全国27館で初回となる12月18日18時30分の回のチケットがすでに完売。全米の興行予想サイトBoxoffice.comでは、史上最高のオープニング&全米の最終成績となる予想がすでに出されているが、日本でも前代未聞の興行となる期待がさらに高まっている。