最高血圧120mmHg台でも高血圧に? (shutterstock.com)

写真拡大

 中高年にさしかかり、体型もメタボになってくると、「健康診断のたびに気がかりなのが血圧測定」という人も多いだろう。ご存じの通り高血圧は、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な病気の引き金となるもの。こうした病気になるリスクを減らすためにも、血圧を正常値に保つことはとても重要だ。

 現在、日本や世界の多くの国のガイドラインでは、最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、または最低血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上を「高血圧」としている。しかし、今年9月にアメリカの国立心肺血液研究所が発表した研究結果が波紋を広げている。さらに厳しく「最高血圧は120mmHg未満に抑えるべきだ」というのだ。

血圧を120mmHgにすると死亡リスクが25%下がる

 「血圧目標を低くすることで、高齢者における循環器系の合併症や死亡のリスクが劇的に下がる」

 こんな見出しが付けられたプレスリリースが、米・国立心肺血液研究所から発表された。今回の研究は、50歳以上で心臓病や腎臓病などを発症する恐れのある高血圧患者約9400人を対象とし、2010〜2013年まで実施されたもの。

 被験者を2つのグループに分け、降圧剤などを利用して、片方のグループは最高血圧を1200mmHg未満に、もう片方は1400mmHg未満に抑えて、3年3カ月に渡ってそれぞれの経過を見た。その結果、前者は後者より心臓発作や脳卒中の発生率が3分の1減り、さらいに死亡リスクが約4分の1下がったというのだ。

 これまで最高血圧が120〜140mmHgの間の健康リスクに関しては、実証的なデータが存在しなかったが、今回初めて示された。研究は当初2018年まで行われる計画だったが、科学的な検証が進み、一般の人の健康を維持する上で「重大な結論」として、前倒しで発表することを決めた。

 研究グループは「高齢者や発症リスクが高い人では、血圧をより低い目標に設定するべきだ」と見ている。腎臓病、認知機能、認知症への影響については現在も解析中で、今後公表予定という。

 最高血圧が10mmHg高いと病気の発症率も10%以上高まるといい、米国立心肺血液研が示した基準に従うと、かなり大きな差が出る。今まで「140mmHg未満」を目安に生活していた患者や、患者予備軍の人たちにとっては、ちょっとした衝撃だ。今後、各国の高血圧の診断に影響を与える可能性もある。

成人の4割が新たに「高血圧」患者になる?

 厚生労働省の「国民健康・栄養調査報告(平成25年)」によると、日本人の成人男性の平均最高血圧は135.3mmHg、女性は129.5mmHgで、すでに120mmHgを超えている。もし仮に現行の140mmHg未満という基準が120mmHg未満に引き下げられた場合、男性の43.3%、女性の38%が新たに高血圧に含まれる。今まで高血圧ではなかった人の多くが患者になってしまうことも起こる。

 しかし国内の専門家は、今のところアメリカの報告は予備解析の結果にすぎず、実際にガイドラインに反映させるには、より詳しい研究報告が必要と見る。ゆえに、突然、対応が変わるというわけではなさそうだ。

 将来的に120mmHg未満が推奨されるようになれば、高血圧患者に処方される降圧剤の量が増える可能性もある。副作用を心配する患者もいるかもしれないが、現時点でも現場での医師の治療方針により、最高血圧を120mmHg未満に抑えている場合もある。逆に130mmHg台を超えても生活習慣の改善だけに留める場合もある。ケースバイケースなのだ。

 もともと高血圧患者が多い日本では、食事の塩分摂取量を抑えたり、内臓脂肪を減らしたりするなど、降圧剤を飲む前に実施すべき対策が多い。血圧を下げることによる病気の予防効果が高まったことを前向きに受け止めて、今まで以上に医師とコミュニケーションを取りながら、生活習慣の改善にも取り組むことが大切だろう。
(文=編集部)