写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本サイプレスは11月18日より20日までの期間、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて開催されている組み込み技術に関する展示会「Embedded Technology 2015(ET 2015)/IoT Technology 2015」において、チューブ入り香辛料をピアノの鍵盤と化した一風変わったデモ展示を行っている。

これは同社のセンサベースシステムに必要な機能を1チップで実現したプログラマブルSoC「PSoC 4 BLE」を用いたデモで、ボード上から伸ばした静電容量方式タッチセンサの電極(電線)を、無数のチューブ入り香辛料に挿したもの。各チューブ容器はタブレット上に表示されたピアノの鍵盤と連動しており、手を近づけると、その鍵が押されたとみなされ、割り当てられた音がなるというもの。担当者によると、米国本社からは、果物に電極を指してデモをやったらどうか、という話が来ていたが、それでは目新しさも面白さもない、ということから、チューブ入り香辛料に白羽の矢が立てられたそうだ。

また、このほか、Industry 4.0の実現に向けたFM4マイコンファミリを用いたセキュアゲートウェイソリューションや、未発表である「PSoC 4Lシリーズ」を用いたタッチセンサのデモ、指紋認証のターンキーソリューション「TrueTouch指紋リーダー」なども展示されている。このPSoC 4Lを用いたデモはIH調理器のスライダと静電容量ボタンを制御できます、というものなのだが、さすがに未発表品なだけあり、開発ボードやチップの展示はなく、IH調理器とチップ概要ならびにデモのブロック図を説明したパネルのみとなっている。

一方のセキュアゲートウェイソリューションのデモは、モータの振動を加速度センサで分析、そのセンシングデータをデータベース化し、ゲートウェイとクラウド間でセキュアネットワーク経由で常時データを同期させ、振動が大きくなってきたときにメンテナンスのアラートを発行し、予防保全に役立てよう、といったもの。具体的にはインダストリアルネットワークに対応したFM4マイコン1チップで、クライアント側の処理を実現できることを示すものとなっている。

なお、同社は2015年6月にTrueTouchモバイルタッチスクリーン事業をParade Technologiesに売却すると発表しているが、TrueTouch指紋リーダーは売却対象に含まれておらず、継続してCypressより提供を行っていくという。

(小林行雄)