寒い季節はお肌の乾燥が気になりませんか? それならバスタイムを利用して、ツルツル美肌を作っちゃいましょう。ここでは浴槽に入れるだけで、お湯の刺激をやわらげ美肌になれるとっても簡単な入浴剤をご紹介します。

乾燥肌対策におススメしたい“ビタミンC粉末”

水道水には細菌の繁殖を抑えるために塩素が含まれています。お風呂のお湯にも残留塩素がありますが、この塩素は酸化力が強いため、そのまま入浴すると肌や髪のタンパク質を酸化させ保湿力を奪ってしまいます。この刺激が乾燥肌を悪化させる原因となっているとも言われています。そこで、入浴前にお湯に入れてほしいのが“ビタミンC粉末”です。残留塩素とビタミンC(アスコルビン酸)が化学反応を起こすことで中和され、酸化型ビタミンCと食塩に還元されます。肌への刺激がなくなるので、乾燥を防ぎ入浴後はお肌がしっとりと整います。浴槽に入れるビタミンC粉末は小さじ2分の1ほど。ビタミンC粉末がなければ、レモンの輪切りを1〜2枚浮かべるだけで十分効果がありますよ!

お肌ツルツルで温泉気分にひたれる“重曹”

重曹は、ベーキングパウダーとしても販売されているお料理に使う食材です。最近では掃除に重曹を使うという自然派の方も多いのではないでしょうか。実は温泉の中でも「美人の湯」と呼ばれるのは、重曹成分を含む弱アルカリ性泉が多いのです。弱アルカリ性なのでお肌への刺激も少なく、皮脂を取り除き角質を軟化させるため、入浴後はお肌がツルツルでしっとりします。これは、重曹の油を分解する働きによるもの。皮脂と交じることで、親水性と親油性を併せ持つ石鹸に変化するため、脂を浮かして取り除くことができるのです。入浴前に重曹を大さじ2〜3杯入れるだけで、まるで温泉に入っているような気分を味わうことができます。重曹には掃除用や食用などがありますが、必ず食用の重曹を使ってください。

いかがでしたか? 家にあるもので簡単に美肌ケアできるので、乾燥が気になるこれからの季節に、ぜひ試してみてくださいね。重曹には消臭効果もあるので、体臭が気になる方にも効果的。でも長風呂は逆に乾燥しやすくなってしまうので、入浴後は乳液などでしっかり保湿しましょう。


writer:岩田かほり