写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通クオリティ・ラボは11月17日、ソフトウェア開発プロセスのコンサルティングで培ったノウハウと経験を基に、ソフトウェアの開発組織に向けた品質予測によるプロセス改善サービスの提供を開始すると発表した。

同サービスは、同社の過去の開発実績データを基に統計手法を用いてソフトウェア品質の見える化を行い、利用者のソフトウェア品質向上と開発プロセス改善による組織体力強化を実現するもの。

高品質なソフトウェア開発を行うには、高度な定量的分析と高成熟度な開発プロセスが必要であり、品質予測によるプロセス改善サービスでは、開発実績データを活用してソフトウェアの品質予測モデルを作成する品質予測診断と開発組織プロセスの診断により、問題解決支援を行うプロセス改善支援を提供する。同社では、先進的な統計的手法と、豊富な経験と実績を有したスペシャリスト集団のサポートにより、顧客の高品質なソフトウェア開発の実現に貢献するとしている。

また、過去の開発実績データを活用し、利用者の開発組織のモデル化を行ったうえで、現状の開発プロジェクト工程ごとのデータから最終品質を予測して見える化(グラフ表示)も行う。品質目標を下回ることが予測される場合、レビュー時間、回数など、品質を確保するためのパラメータを変更して最終品質のシミュレーションを実行することで、目標達成の精度を高めることが可能となる。さらに、プロジェクト終了後には、その開発実績データを使って開発組織モデルの更新を行うことで、予測精度を向上させることができる。

なお、プロセス改善支援として、プロジェクト開始前に、顧客の要望に応じて開発組織プロセスを診断し、プロセス改善のための各種支援も行うほか、プロジェクト実施中は、利用企業の運用時の問題解決支援を実施。プロジェクト終了後は、ギャップ診断やアセスメントを通じて、企業の組織体力の強化を支援するとしている。