写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉の新浦安エリアに新たにオープンする国内4番目のディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」の開業日が、2016年6月1日に決定したことが18日、明らかになった。同時に、ホテルのテーマや内装イメージなども発表された。

「東京ディズニーセレブレーションホテル」は、ディズニーテーマパークをイメージした、異なる名称の2棟のホテルで構成。2016年6月1日にオープンする1棟目の名称は「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」で、"夢"や"ファンタジー"をテーマにしている。

ロビーには、「シンデレラ城」や「イッツ・ア・スモールワールド」、「アラビアンコースト」が描かれたアートや、パークのアトラクションをモチーフにした家具を配置。中庭には、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」をモチーフにしたトピアリーが設置され、夜になるとイルミネーションが光り輝く。そして、客室には、ディズニーの仲間たちがパークのアトラクションを楽しんでいるアートが描かれる。

2棟目の名称は「東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー」で、ディズニーテーマパークで出会える"冒険"や"発見"がテーマ。オープンは2016年秋を予定している。

「東京ディズニーセレブレーションホテル」では、既存のディズニーホテルで人気の宿泊者特典の一部を導入。入園制限時でもパークへの入園が可能な「入園保証」、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーに開園15分前から入園できる「ハッピー15エントリー」などの特典が利用できる。

同ホテルは、東京ディズニーリゾートからシャトルバスで約15分のロケーションに位置。既存のパーム&ファウンテンテラスホテルをリニューアルして開発する。

(C)Disney