「写真をmikke(ミッケ)」アプリ画面

写真拡大 (全5枚)

 富士フイルムは18日、スマートフォン向けの写真検索アプリ「写真をmikke(ミッケ)」の無償提供を開始した。アプリはiOS版が公開されており、App Storeからダウンロード可能。Android版も近日提供予定。

 「写真をmikke(ミッケ)」は、独自の画像解析技術を活用したソフト「イメージオーガナイザー」により、スマホの写真を自動で解析。被写体や撮影シーンに応じて、「人」「ペット」「食べ物」「夜景」「乗り物」「花」「アウトドア」「インドア」「文字/イラスト」の9つのグループに自動分類し、タグ付けを行う。人物写真に関しては、すべての人の顔を個別に認識し、人物ごとにフォルダに分類し、顔アイコンを自動生成する。

 こうして分類された写真は、“タグ”“人物”で検索可能。さらに、写真が撮影されたおおよその時期、時間帯、人数、シーン、場所(現在地からの距離)の5項目のスライダーバーで、感覚的に指定して検索する「感性検索」機能も搭載されている。

 検索した画像のメール送信やSNSへの直接投稿も可能。また、探し当てた写真をそのまま別のフォルダに保存できるため、大量の写真の分類、整理、管理が可能となる。来年1月からは、アプリ上から、富士フイルムの店頭プリント受付機へ、Wi-Fiで転送できる通信機能も追加される予定。

■関連リンク
写真をmikke(ミッケ) スペシャルサイト