アダム・レヴィーンと72歳名優の意外な関係。ポップスターのマブダチとは?
 今年9月に3年ぶりの来日公演を行い、日本ファンを熱狂させたマルーン5。なかでもボーカルのアダム・レヴィーン(36歳)は『People』誌の「世界一セクシーな男」に選ばれたこともあるほどのルックスの持ち主で、世界中の女性ファンを虜にしています。

 そんなアダムが、一人のシブすぎる名優と意外な師弟関係を築いていることが明らかになり、ファンの度肝を抜いています。

◆アダムが師匠でジョーが弟子

 最近、アダムとつるんでいると噂になっているのは御年72歳の名優ジョー・ペシ。

 ジョー・ペシといえば、『グッドフェローズ』や『カジノ』での狂気を秘めたマフィア役で知られ、91年にはアカデミー賞助演男優賞を受賞している名脇役。99年に俳優引退を表明して以来、ぐっと露出が減り彼の名前を聞くことはあまりなくなってしまいましたが、映画好きの間では未だに根強いファンを持つ役者です。

 大親友にあのロバート・デ・ニーロ(72歳)を持つジョーが「なんでまた違う畑の、それもかなり年下のアダムとつるんでいるのか?」が注目の的。

 バンドだけでなく、TVドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』や映画『はじまりのうた』など、近年、積極的に俳優業にも挑戦しているアダムの指南役として、ジョーが抜擢されたのではないかとの憶測も飛び交っていましたが、真相は意外なところに! 年齢から言ってもキャリアから言っても、ジョーが師匠でアダムが弟子と思ってしまいそうですが、なんとアダムがジョーの音楽の師匠になっているというから驚きです。

◆すでにレコーディングも完了

 二人の出会いは、数年前に行われたゴルフのチャリティーイベントでした。ジョーの方はプロの大会に参加するほどの腕前、アダムも暇さえあればラウンドを回るほどの熱心なゴルフファンとあって、二人はすぐにゴルフ仲間として意気投合。以来、一緒に飲みに出掛けたり、音楽談義を交わしたりする親しい仲に急成長しました。

『US Weekly』によると、ここ数年、音楽活動に力を入れているジョーはミュージシャンとしてのアダムを大尊敬、アダムのほうもジョーの音楽の才能に惚れ込んでいるのだとか。たびたび、二人でレコーディング・スタジオに入りジャムセッションを楽しんでいるようです。

 アダムとジョーはすでに一緒に曲作りをしており、レコーディングも済ませているそうなのですが、それらの曲がリリースされるかどうかは未定。関係者によると「二人はただ余暇を楽しむために音楽をしているだけ」で、商売にしようとは思っていないのだそうです。

◆もはや二人はマブダチ

 さらに関係者からは、「アダムがレギュラー出演するオーディション番組『ザ・ヴォイス』の大ファンのジョーは、頻繁に収録スタジオに来てアダムを応援しているよ。マルーン5やアダムのソロ・コンサートに来ていることも多い。アダムもジョーの応援を心の支えにがんばっているようだよ」と、二人の親密度が伺える証言も。

 ここまで来ると、師弟関係を通り越してマブダチ状態。互いに尊敬し合い、サポートし合う緊密すぎる二人の関係性に萌えてしまう腐女子も出てきそうです!

Source:『US Weekly』http://usm.ag/1VIbIJM

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)