ロシア発「ダークサイドのフォース」をまとうサイドカー:画像ギャラリー

写真拡大

ロシア生まれのサイドカー・ブランド「ウラル」から、スター・ウォーズをテーマにした限定モデル「ダークフォース」が登場した。黒塗りの車体にライトセーバーもついて1万5,000ドルだ。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「ロシア発「ダークサイドのフォース」をまとうサイドカー:画像ギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-motorcycle5-932x621

2/5

03-motorcycle1-932x621

3/5

04-motorcycle4-932x621

4/5

05-motorcycle3-932x621

5/5

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01-motorcycle2-932x621

02-motorcycle5-932x621

03-motorcycle1-932x621

04-motorcycle4-932x621

05-motorcycle3-932x621

ロシア生まれのオートバイ・ブランド「Ural(ウラル)」は、生まれた国と同様、争いの中で産声を上げ、極寒のシベリアで成熟した。

ウラルは、その母国と同様に、何十年もの間、時代がかった習慣と古臭い設備のせいで効率を上げることができず、近代的なオートバイメーカーの生産量と技術進歩に太刀打ちできないままだった。だが、古き良きウラルのサイドカーを溺愛するファンたちもいる。

ウラルの最初のモデル「M72」は、軍用モデルとして1941年に製造された。そして第2次世界大戦後、サイドカー付きオートバイを民間向けに転用して販売を始めたあとも、デザインは変わらないままだった。時を超越しているのか、あるいは時代に取り残されたのか、一見したところ不明だが、今度のウラルも、これまでの多くのモデルと何ら変わるところがない。だが、明らかに違う点がある。

このサイドカーは、強い「フォース」をまとっている。しかもダークサイドのフォースだ。

1万5000ドルの「ウラル・ダークフォース」は、全身を光沢のある黒で塗られ、伸縮可能な約91cmのライトセーバーを装備している。ライトセーバーはもちろんバッテリー付きだ(画像ギャラリーに画像あり)。

製造は25台限定というから、ウーキー族(チューバッカの種族)出身のジェダイ戦士くらい希少な存在だ。

12月公開予定の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で、帝国軍の兵士ストームトルーパーが、このオートバイに乗ってスクリーンを走り抜けたら、ロシアを代表するこの会社の歴史の中で、これ以上うまいマーケティングはないだろう。

関連記事:【読者プレゼントあり!】スター・ウォーズの新たな相棒BB-8の「スマートなオモチャ」にまつわる物理学

さらに、フォトショップで加工したこんな画像をインターネットに載せたいところだ。上半身裸のプーチン大統領が、カイロ・レンのライトセーバーを手に、雪の森の中で立っている。もちろんその背景には、このファースト・オーダー(銀河帝国の影響を受けた暫定軍事政権)の素晴らしいサイドカーを入れるのだ。

※「IMZ-URAL」は、ロシアのIMZ社が製造しているオートバイおよびサイドカーのブランド。同社の主力商品は「2輪駆動型」サイドカーで、軍用設計をそのまま民需製品に転用しており、現在でも本車を軍用車両として配備している国もある。日本法人もある。ロシアの原子力砕氷船をモデルとした同社のサイドカーを紹介した日本語版記事はこちら

TAG

MotorcycleStar WarsUralWIRED US