「キューバの映画ポスター」展が東京・京橋で開催 - 革命期以後の芸術的な作品85点が集結

写真拡大

展覧会「キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより」が、東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。会期は、2016年1月7日(木)から3月27日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

音楽やダンスなど、魅力的な文化で世界の注目を集めるキューバ。1959年の革命以降、映画の制作にも力をいれ、「小さな映画大国」として、先鋭的な作品を世に送り出している。首都ハバナは、ラテンアメリカ映画の中心地。新ラテンアメリカ映画祭の開催でも良く知られている。

そのキューバは、映画の宣伝においても画期的な方法を取り入れてきた。映画ポスターのグラフィックに様々なデザイナーや画家を招き、その製作を大量印刷向きのオフセットではなく手刷りのシルクスクリーン技術で行うという独自性は、一国の映画産業の方針として世界の他のどこにも見られないものだ。

展覧会では、革命期から1990年前後までに制作された85点の映画ポスターを紹介。エドゥアルド・ムニョス・バッチ、レネ・アスクイ・カルデナス、アントニオ・フェルナンデス・レボイロをはじめとする作家たちが、映画作品からの刺激を通じて生み出した豊かな色合いと華やかな表現が、鮮烈に映画の世界観を映し出す。

また、1月16日(土)から2月28日(日)までの土・日曜には、小ホールにて関連上映企画「キューバ映画特集 革命映画から映画革命へ」を開催。その他、キューバ映画研究者の寺島佐知子らを招いたトーク・イベントも用意されている。

なお、本展覧会は2016年6月1日(水)から7月24日(日)までの期間、京都国立近代美術館にも巡回予定。

【展覧会概要】
「キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより」
会期:2016年1月7日(木)〜3月27日(日)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 7階展示室
住所:東京都中央区京橋3-7-6
休室日:月曜日
開室時間:11:00〜18:30(入室は18:00まで)
料金:一般 210(100)円、大学生・シニア 70(40)円、高校生以下及び 18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMAT パスポート持参者、キャンパスメンバーズ 無料
※料金は常設の「NFC コレクションでみる 日本映画の歴史」の入場料を含む。
※括弧内は 20名以上の団体料金。
※学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの者はそれぞれ入室の際、証明できるものを提示。
巡回予定:2016年6月1日(水)〜7月24日(日) 京都国立近代美術館 4階コレクション・ギャラリー

■キューバ映画特集 革命映画から映画革命へ
期間:1月16日(土)〜2月28日(日)
※土曜日・日曜日のみフィルムセンター小ホールにて上映

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600