小笠原諸島の西之島に新たな火口を発見 面積は噴火前の12倍に

ざっくり言うと

  • 西之島の海底火山の噴火が確認されてから、20日で2年となる
  • 17日には新たに溶岩が流れ出している場所が見つかった
  • 海上保安庁の9月の観測では島の面積は噴火前の約12倍に拡大した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング