機密ファイル保管サーバセット利用イメージ図

写真拡大 (全2枚)

 日本電気(NEC)は18日、中堅・中小企業向け人事・給与システムセキュリティ「マイナンバー安心セット」に、「機密ファイル保管サーバセット」を追加した。同日より販売を開始する。

 マイナンバーなどの個人情報は、「特定個人情報」として、企業に厳格な取扱い義務が課せられている。一方で、中堅・中小企業が強固なシステムを導入するには時間や経費の問題があった。

 「機密ファイル保管サーバセット」は、ファイルサーバ「iStorage NS100Te」、ファイル暗号化ソフト「InfoCageファイル暗号」、アクセス権管理ソフト「NEC Information Assessment System」(NIAS)、アクセスログ管理ソフト「ALog ConVerter for iStorage NS」をセットで提供するもの。

 これにより、セキュリティ強化したファイルサーバの短期間導入を実現し、個人情報の保管に容易に対応可能となる。「NIAS」を導入することで、ファイルサーバのフォルダのアクセス権を一括で確認・修正することも可能。「ALog ConVerter for iStorage NS」を導入することで、アクセスログの監視、取得も可能となる。

 価格は税別99万9,280円。「iStorage NS100Te」と「InfoCageファイル暗号」のセット(最小構成)は34万円で提供する。

■関連リンク
マイナンバー安心セット | NEC