『信長協奏曲』 ©石井あゆみ/小学館 ©2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

写真拡大

映画『信長協奏曲』から場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(15枚)】

場面写真では小栗旬演じるサブローが甲冑に身を包み、戦場を走っているシーンや、向井理演じる池田恒興らと肩を組んでいる様子、日本史の教科書を読んでいる場面に加え、柴咲コウ演じる帰蝶と見つめ合う様子や、山田孝之演じる羽柴秀吉、サブローが身代わりを務める織田信長の妹・市役の水原希子らの姿も確認できる。

2016年1月23日から全国東宝系で公開される『信長協奏曲』は、石井あゆみによる同名漫画の実写映画版。戦国時代にタイムスリップし、自身と瓜二つの織田信長の身代わりとして生きることになった高校生・サブローを主人公に、周囲から愛されるサブローに嫉妬心を抱く明智光秀や、信長暗殺の機会をうかがう秀吉らによって水面下で不穏な企てが進められていく様子が描かれる。主演の小栗はサブローと、かつて信長だった男・明智光秀の2役を演じる。