『ディーパンの闘い』 ©2015 WHY NOT PRODUCTIONS - PAGE114 - FRANCE 2 CINEMA

写真拡大

映画『ディーパンの闘い』が、2016年2月から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『ディーパンの闘い』は、『第68回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門で最高賞にあたる「パルムドール」を受賞した作品。内戦下のスリランカを逃れて、フランスに入国するために偽装家族となる元兵士のディーパンと女、少女の3人が、新しい家族の絆や愛を掴もうとする様を描いた作品だ。

主人公のディーパンを演じたアントニーターサン・ジェスターサンは、スリランカ内戦の元兵士であり、亡命後は作家として活動。本作で演技に初めて挑戦したという。

監督を務めたのは、『真夜中のピアニスト』『預言者』『君と歩く世界』などを手掛けたジャック・オディアール。音楽は『Sonar Sound 2013』で来日したほか、DARKSIDEのメンバーとして『FUJI ROCK FESTIVAL '14』に出演したニコラス・ジャーが担当している。ジャーが映画音楽を手掛けたのは同作が初めて。