写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通は11月17日、クラウド環境におけるアプリケーション構築の自動化ソフトウェアを提供するフランスのソフトウェア開発会社であるUShareSoft,の全株式を取得することで合意し、2015年10月30日に契約を締結したと発表した。

UShareSoftは2008年に創業し、欧州をはじめ、日本、アジア、米国において、マルチクラウド環境におけるシステム構築支援ソフトウェアなどを提供している。

富士通は今回の買収により、UShareSoftが提供する、マルチクラウド環境におけるシステム構築・移行作業を効率化する自動化ソフトウェア「UForge」を、同社のデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」の中核商品である「FUJITSU Cloud Service K5」のシステム自動構築サービスに組み込むことで、クラウドビジネスを強化していく。

また、UShareSoftを欧州におけるクラウドサービスの研究開発拠点と位置付け、富士通のグローバルでのマルチクラウド環境対応のソフトウェア開発力を強化する。