世界で一番すばらしい人間は「ヴェンチャーキャピタリスト」だ──佐俣アンリ

写真拡大

ヴェンチャーキャピタリスト、佐俣アンリの近くは、どうしたわけか、インターネットを交差点とした数々のイノヴェイションの爆心地になりつつある。「WIRED.jp」ではそのわけとともに、いまヴェンチャーキャピタリストという仕事が世の中に対してどのような役割を果たしうるのか解き明かすべく、彼がふだん胸に秘めているアイデアを、連載エッセイの寄稿というかたちで披露していただくことにした。

「世界で一番すばらしい人間は「ヴェンチャーキャピタリスト」だ──佐俣アンリ」の写真・リンク付きの記事はこちら

その仕事は「年表を正しく進める」こと

自分の手で歴史の年表に触れてみたくはないか?

少なくともヴェンチャーキャピタリストには、歴史を自分の手で動かせるチャンスがある。だからこの仕事は、ぼくにとって世界で一番素晴らしい仕事だ。

ぼくがこの仕事に最もリアリティを感じるのは「年表を正しく進める」感覚があるときだ。

イノヴェイション視点で歴史年表を見てみると、ひとつのテクノロジーの発明が、歴史を爆発的に加速しているポイントがある。ノーベルが発明したダイナマイトのように、予定調和の時間の流れを爆破して最短距離をつくってしまうようなイノヴェイションが、歴史では時折起こっている。例えば現代のぼくたちは、手の中のスマートフォンに数回触れるだけで、Twitterを通して地球の裏側に住んでいる人が何を思い、行動しているかを知ることができる。パーソナルコンピュータ、インターネット、スマートフォン、ソーシャルメディア、これらのイノヴェイションが、かつては命がけの大航海をしなければ行けなかった地球の裏側から、自分の好みの女性に出会うまでの時間を等しく短縮している。

ヴェンチャーキャピタリストの仕事は、未来でこうした爆発的な加速を引き起こすイノヴェイションへ効率よく資本を配分し、産業の新陳代謝を高めることだ。

2200年ごろまでの未来は、ある程度は決まっている。ぼくが150歳以内に死ぬことが決まっているように。

かつて映画がTVになったように、TVはスマートフォンなどのパーソナルデヴァイスに置き換えられる。すると、そこに求められるのはYouTubeのようなインターネット上のプラットフォームだろう。同様に、これだけ多くの電子マネーが流通し始めていて、まさか200年後にぼくたちの多くが紙のお金を使っていることは想像できない。

未来の多くは、すべくして到来してゆくのだろうとぼくは思う。

そうした未来を実現するイノヴェイションがこの先200年のいつ、どこに起こるかは、いまのヴェンチャー起業家、さらにはシリコンヴァレーの動きを見ていれば大体見えてくる。

起業家は遠い未来を見る、特殊な目をもっている。そんな起業家をたくさん俯瞰して見ていると、彼らが大きい波になって、ひとつの場所に押し寄せていることが分かるようになる。そこがイノヴェイションが起きそうになっている「ホットスポット」だ。いまで言えば、ビットコインなどのお金やヴァーチャルリアリティ、人工知能あたりがそうだろう。

つまり「これをつくれたやつは勝つ」というゴールはすでに見えているのだ。ぼくたちはそれを実際につくっている起業家を探し、才能のあるところに資本を集中させ、歴史を爆発的に加速させるのを肩越しに見届ける。そうして未来が訪れるまでの時間を短縮するのが、ぼくたちヴェンチャーキャピタリストの本当の仕事だ。

世界最強の投資家は日本にいる

本気で人類を火星に移住させようとしているイーロン・マスクや、『ゼロ・トゥ・ワン』の著者として知られるPayPalの共同創業者、ピーター・ティールといったヴェンチャーキャピタリストが見ている未来には胸が踊る。

しかしぼくにとっての世界最強のヴェンチャーキャピタリストは、日本にいる。

現在の彼の中国、インド、インドネシアへの投資を見ていると、その張り方には3つの共通項があることが分かる。それは「確実に“来る”」「“来た”時の規模が極めて大きい」「ただし、いつ“来る”かは読めない」ものへの総張りだ。その成功の最たるものが中国アリババへの投資だった。もう分かるだろう。“彼”とは孫正義のことだ。

彼が中国アリババへの投資で生んだキャピタルゲインは、8兆円。仮にインスタントメッセンジャーアプリのスタンダードになった「WhatsApp」の全株を保有したとしても1.9兆円であることから、彼が今、世界中のいかなる投資家とも違うゲームをしていることがよく分かる。孫正義は、ちょっと異常すぎる高さから未来を見ている投資家だ。

彼が中国アリババに投資したのは2000年だ。できたばかりのヴェンチャー企業だった中国アリババへの累計投資額は105億円(8,000万ドル)。これが9兆円の万馬券に化けるまでには14年の歳月がかかっている。普通の投資家は、流動的で変化率の高いインターネットの分野で、これだけ長い時間を待つことはできない。短期戦が見込めなければ投資対象に選びにくいのだ。にもかかわらず、待って、勝つことのできる孫正義の見ている未来の精度には畏怖すら感じる。

ほぼ間違いなく神に取り憑かれているだろう彼の“張り方”は、アメリカで最も成功した投資家、ウォーレン・バフェットに似たものがある。投資に興味がある人でバフェットの名前を知らない人はいないだろうが、フォーブスの億万長者ランキングの常連であると同時に、ひとつの銘柄を長期保有して利益を出すのが彼のスタイルだ。

ソフトバンクの“投資会社”としての側面は、ヴェンチャーキャピタルのこれからの形すらも提示している。彼自身も「新30年ビジョン」で言っているように、30年後の時価総額200兆円を目指し、さらにソフトバンクで300年間成長し続ける構造を発明しようとしている。その柱のひとつが、ソフトバンクの投資会社としての側面だと言えるだろう。

Yahoo! BBは日本のインターネット産業を約10年は加速し、国際競争力では2倍程度にはしているだろう。iPhoneを日本に定着させたこともソフトバンクの偉業のひとつだ。ゲームをはじめとしたスマートフォンのビジネスは、そもそもインフラであるスマートフォンの普及が欠かせない。

孫正義は、いま世界でもっとも、未来が近づくのを短縮している投資家であり、起業家のひとりだと言えるだろう。

彼は大きく伸びるであろう不確実なマーケットに対して、人間として信じられる起業家個人を見出した上で投資を行っているのだ。

運用方針、「独断と偏見」

ぼくはよく、直感で投資先を決める。おでん屋をやっている二人組に投資したこともあれば、「でかいことやろうよ」とだけもちかけて、ファッション系ビジネスで起業した若者に、突如ドローンビジネスを起業させることだってある。

「このファンドはぼくの独断と偏見です。上場企業のように客観的な合理性のある意思決定はないし、ファンドの投資対象も基本的にはない。投資する会社のフェイズも確定していない。市場の動きに応じて適宜直感的にかつ柔軟に判断いたします」

ぼくのファンドの説明はこれだけだ。まったくひどい説明だと思う。しかし今の時代、独断と偏見こそが、唯一の投資理由になるとぼくは本気で思っている。

アンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者であるベン・ホロウィッツは「平時のCEOと戦時のCEO」という言葉で表現しているが、国が“上がって”いく、ちょうど日本の60〜70年代の高度経済成長期のようなフェーズであれば、企業に求められるのは、市場において自社の優位性を拡大する「平時のCEO」だ。

しかし今の日本は経済全体が“落ちて”いくフェーズにある。そうした中では、新しい市場と仕事をつくりだす「戦時のCEO」が求められる。そうした経営者には、ある意味では独断と偏見による、短期的には意味不明な意思決定が最適な行動原理になり得るのだと思うし、そのためには独断と偏見で投資できる「戦時の投資家」が必要だ。

そうなると、ぼくのような独立系のヴェンチャーキャピタリストは戦時のCEOとのタッグが組みやすい。与信がゼロの段階から資金を集め、投資ファンドをつくり出したヴェンチャーキャピタリストの成立プロセスは、戦時下における起業と変わらない。業種が金融業というだけだ。ある意味では、独断と偏見に満ちた者同志として、起業家・投資家の関係になれる。

直感と言うと非科学的で、曖昧で、言語化するのを放棄しているだけだと思われがちだが、言葉も直感も、基本的には脳の思考だ。直感は、言語化が追い付いていないだけで、ものすごい数のファクターの中から計算して弾き出された、思考のひとつの解であることに変わりはない。

たとえばぼくは「髪型がいいなあ」「なんだか、彼は疲れているなあ」といった直感から投資をするかどうかを決めることがある。髪型なんて膨大な指標があるし、疲れもひとつの尺度では測れない。しかし、たくさんの起業家を見ている中で直感が弾きだした判断には、何か理由があるはずだ。そしてその判断は、時に言語化された経歴やビジネスプランよりも、あてになることをぼくは経験から知っている。

「この人と人生をかけて、いっしょに未来を見ることができるか?」──ときに極限的な集中力が必要とされる投資の判断には、言語化され一般化した情報が、まったく役に立たないのだ。そこに必要なのは、野生動物が一瞬の危機感を察知して死の危険から逃れたり、獲物を捕獲するときの、一瞬の超高精度が求められる直感的判断に近いものなのだ。

VCは、シンプルなルールの最高に面白い仕事だ!

ファンドは、勝つことを志向しなければ成立しない。それゆえに、運命的に冷酷な確率論の支配からは逃れられない。

ぼくはもちろん、投資先すべてが成功すると思って投資をしている。しかし、投資先すべての会社がグーグルのようになることは、確率論が許さない。

「きっとこいつと最高な未来を見れるはずだ」と、熱い想いを共にした起業家が、その未来を掴む光景を目の当たりにしながら、その影で散っていく起業家を見送らなければならない。そこには沸騰するような夢と、絶対零度の現実が合わさったヒリヒリするような興奮があって、やめられない。

そんなヴェンチャーキャピタリストの戦い方は、実は高校生の数学の教科書にも載っている「確率論」だ。

素晴らしい才能や頭脳をもち、さらに人生をかけて挑戦することができる段階で、その人はすでに数百万分の1以下の稀有な起業家だろう。

しかしどれだけ素晴らしい起業家でも、「Uber」のように人々のライフスタイルを変えてしまえるほどのものを生み出せる起業家に“化ける”確率は、30社に1社くらいだ。

だからぼくは数百万分の1以下の稀有な才能を30捕まえて、そのすべてに投資するという、教科書通りの確率論に則って戦っている。ある程度の経験こそ必要だが、戦術はシンプルだ。

“30の才能”と出会うのも、確率論だ。ぼくが起業家と会うパターンは、「ぼくが投資をしている起業家や出資者からの連絡」と、定期的に開催している面談会「メンタリングデー」のエントリーフォームへの入力の2つが多い。前者については、すでに才能を見出された人、多くの才能を見抜いてきた人からの推薦を得られるというハードルをクリアしている。後者についても、Twitterなどでしか広めていないフォームを見つけ、要領を得たメッセージを送れる時点でぼくのことについて、ここに書いているようなことを知っている人だと分かる。

そして、どうしたわけか“大きなもの”をもっている人はお互いに惹かれ合う。大きな夢、大きな野望、大きな知性…それらは大きければ大きいほど、重力が大きくなり、理由もなく互いを引きつけ合ってしまうのだ。

ぼくは、まだ100年は続くイノヴェイションと、戦い方が研究され尽くされた「スタートアップ」を武器にして、インターネットを攻める。

ぼくはいままで、常にこうしたことを考えては、ソーシャルメディアに書き流してきたけど、今回こうして「WIRED.jp」に、エッセイを書く機会を得た。このエッセイでは、これからぼくの「化けた30分の1」の起業家との対談を交えながら、ヴェンチャーキャピタリストの仕事について話していこうと思う。

本連載は隔週での公開。次回は12月2日(水)の予定です。
佐俣アンリ|ANRI SAMATA
1984年生まれ。ヴェンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、リクルート メディアテクノロジーラボを経て、クロノスファンド、EastVenturesに参画。2012年5月ヴェンチャーキャピタルファンドANRIを立ち上げ、現在に至る。

TAG

Anri SamataContributionStartupVenture CapitalWIRED JAPAN