ダカール・ラリー 2016のホンダワークスチーム「Team HRC」の端末に京セラが「TORQUE」を提供

写真拡大 (全2枚)

京セラは、2016年1月、アルゼンチン共和国、ボリビア多民族国間で行われるDAKAR RALLY 2016に二輪で出場するホンダ・レーシングのワークスラリーチーム(Team HRC、以下Team HRC)のテクニカルスポンサーとして、同社の高耐久スマートフォン「TORQUE KC-S701」を提供すると発表した。

DAKAR RALLYは、砂漠、ジャングル、山岳地帯などの道路が整備されていないような環境を走破する「ラリーレイド」と言われる競技大会のひとつ。

HRCダカールラリー2016プロジェクトリーダーの本田氏は
「DAKAR RALLYではバイクだけでなく、使用する全ての機器に過酷な環境下で耐えうる性能が求められます。過酷な環境下でも確実に使える京セラの高耐久スマートフォンが、私たちのレース活動において極めて重要な役割を果たすことを確信しています。」
とコメント。

今回、提供するTORQUE KC-S701は、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G規格」の111項目に準拠し、過酷な環境での利用に適した高い耐久性能が評価されているという。Team HTCがバイクのログ情報をTORQUEで確認したり、メカニックにデータを送信したりするなど、チームのコミュニケーションツールとしてDAKAR RALLYでのTeam HRCのレース活動をサポート。

TORQUE KC-S701

「DAKAR RALLY 2016」は、2016年1月3日にブエノスアイレス(アルゼンチン共和国)を出発。16日までにボリビア多民族国を経由後、再びゴールとなるロザリオ(アルゼンチン共和国)を目指し、二輪、四輪、トラックの3部門で競いあう。

■京セラの高耐久スマートフォンについて
京セラは、2013年3月、北米市場向けにMIL-STD-810G規格に準拠した高耐久スマートフォンTORQUEを投入。防水、防塵、耐衝撃に加え、振動、高温、低温、塩水噴霧、湿気などに対する高い耐久性能が、アウトドアを楽しむユーザーや過酷な環境下で作業を行う方々より高く評価され、北米ではDuraForceなどDuraシリーズとしても展開している。

日本では2014年にauより初号機となるTORQUE G01が発売され、本年7月にその後継機となるTORQUE G02が発売。世界初の耐海水性能を備えたスマートフォンとしてさらに利用フィールドを広げることに成功。また、2015年、欧州市場にもTORQUE KC-S701が投入され、現在、京セラの高耐久スマートフォンはグローバルな市場で展開中。

今回、Team HTCに提供するTORQUE KC-S701は、手袋を着用した状態であってもディスプレイ操作が可能であり、また、騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえる京セラの独自技術「スマートソニックレシーバー」を搭載。この様な機能は、約2週間にわたる過酷なラリー環境下において、Team HRCのコミュニケーションツールとしてレース活動に貢献するものと期待しているとのこと。

■Team HRC
■京セラオフィシャルスポンサーページ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「クックパッド」を家族みんなでブラビアの大画面で楽しもう!キャンペーン開始
・ロレンソ5度目のMotoGPチャンピオン!ロッシは2位でモンスターエナジーがTwitterキャンペーン開始
・「ドラゴンクエストビルダーズ」発売記念PS Vita「メタルスライムエディション」を発売
・ラーメンマニア必見!人気男性声優4名のレシピレクチャーに話題沸騰中!マルちゃん「ボイスレシピ2」
・第一弾は、新橋周辺から、500円均一でランチできる「ポンパレランチチケット」の試験販売を開始