画像
 GMOアドマーケティングは、スマートフォン向けアドネットワークサービス「ADResult for SmartPhone」を「AkaNe byGMO」へとリニューアルし、配信ユーザーごとのフリークエンシー管理などの新機能を追加した。

 GMOアドマーケティングは、スマートフォン向けアドネットワークサービス「ADResult for SmartPhone」を更なる広告効果の向上が実現できるサービスへとリニューアルし、名称も「AkaNe byGMO(以下、AkaNe)」と改め、11月12日より提供を開始した。

 今回のリニューアルでは、サービスの基盤をアドクラウドが開発・提供するアドネットワークASP「adcloud」上へ移行し、配信ユーザーごとのフリークエンシー管理や配信先媒体ごとのクリエイティブ・入札単価の自動最適化などの機能を拡充。これにより、広告配信性能を強化するとともに、ネイティブアド領域における更なる規模拡大と広告フォーマットの拡充を図るのが同社の狙いだ。

 今後同社では、DMPとの連携による詳細な配信設定の管理や、注目度の高い動画広告のフォーマットにも対応していく予定。

MarkeZine編集部[著]