今日からできる人生が楽しくなる方法、それは運動をすることだった!

写真拡大

人生は誰でも一度きりしかない。その人生をできる限り楽しみたいと思うのは当然であろう。では、人生を少しでも多く楽しむために、心がけるといいことはあるのだろうか。心理学者の内藤誼人先生に聞いてみることにした。

■運動をすることが一番簡単!

「どうすれば人は幸福になれるのか。それを研究する分野を『ポジティブ心理学』といいます。ポジティブ心理学では、いろいろと人生満足度を高める方法が明らかにされてきているのですが、もっとも手軽で、誰でもできるということでいえば、“運動すること”です。運動すれば、誰でも幸せを感じられるんですよ」(内藤先生)

運動するだけで人生がバラ色になるとは、にわかには信じがたいのであるが、本当なのだろか。

「本当です。米国のセントルイス大学のパトリック・フォンテーンによると、一日わずか20分でも運動をすると、それだけで『私の人生は幸せだ』という気持ちが高まるのだそうです。普段ほとんど運動をせず、通勤・通学だけで家に帰ってテレビを見ているだけではなかなか幸福を感じられないと思います」(内藤先生)

運動をするだけで人生幸福度が高くなるとは驚きである。それも1日20分でいいとのこと。内藤先生によると、バスやタクシーに乗らず、歩くだけの簡単なウォーキングでも十分に効果があるという。

では、なぜ運動するだけで幸せになれてしまうのか。そのメカニズムについて教えてもらった。

■人間も“動物”であるから

「人間は、広義的には『動物』の仲間。そして、動物とは、“動く生き物”と書きます。人間にとって、動いているのは本来あるべき姿なのです。身体を動かすと、私たちは気持ちがよくなり、身体も活性化するのです。動物園の動物を見てください。檻の中に入れられ、動きが制限されている動物は、みな生気がなく、どこかしら悲しそうな顔をしていませんか。人間も同じです。普段から運動している人の方が、運動していない人より、顔も輝いて見えますし、気持ちよさも感じやすいんですよ」(内藤先生)

社会の利便性が増すにしたがい、現代人は運動しないことに慣れてしまった。だが人間も動物の仲間であることを考えれば、「動く」ことによって人間らしさを取り戻すことができ、人生はより幸福感に満ちたものになるのである。

ほとんど運動をしないというあなた、今日から一日20分の運動に挑戦してみては?

「教えて!goo」では、「みなさんのオススメの運動は?」ということで、意見を募集中だ!

(望月麻咲)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)