前半停滞、後半起死回生のハリルJ…“ソリューション”は柏木

写真拡大

[11.17 W杯アジア2次予選 カンボジア0-2日本 プノンペン]

 0-0で折り返し、嫌なムードが漂っていたハリルジャパン。流れを変えたのはまたしてもパサーのMF柏木陽介(浦和)だった。

 MF遠藤航に代わって後半開始からピッチに立ち、左ボランチの位置に入ると、後半1分、いきなりチャンスをつくった。

 利き足の左足で相手ディフェンスの裏を突く正確なロングフィード。これをファーサイドのFW岡崎慎司が折り返すと、PA内でMF香川真司がファウルを受け、PKを獲得した。岡崎が蹴ったPKは相手GKに止められたが、停滞からの脱却に光明が差した。

 そして、後半6分。敵陣右エリアで得たFKの場面では、前線へ柔らかなキック。岡崎が相手と競り合うと、これがオウンゴールとなって日本に待望の先制点が生まれた。

 約3年9か月ぶりの先発だった12日のシンガポール戦(3-0)に続いて、途中出場のカンボジア戦でも勝利に貢献。「引いている相手に対してできただけだと思っているが、そこまでの実力が付いてきているという手応えはあった」と、謙虚さと自信を織り交ぜながら試合を振り返った。

 状況判断と環境への対応力が光った。

「前半を見ながら、(本田)圭佑たちベンチのメンバーで、裏が有効的なのではないかと話をしていた。ピッチが悪くてボールの出し入れが難しいので、裏を狙ってセカンドボール、というのも考えていた」

 ボールの走らない人工芝、重くて飛ばないベトナム製ボールの扱いに苦慮する選手も見受けられる中、同じ練習時間でしっかりとピッチとボールの特性を理解していた。

「止まるのが分かっていたから、わざと強めに蹴っていた」というパスは、浮き球、グラウンダーともにコースもスピードも申し分なし。後半アディショナルタイムにはFW南野拓実へ絶妙なスルーパスを送ってチャンスのお膳立てをし、セットプレーのキッカーも任された。

「ノールックのパスを混ぜることで相手の逆を突けるかなと思ったが、それがうまくハマった。セットプレーは良いフィーリングで蹴れたけど、アシストが付くプレーになればもっと良かった」

 シンガポール、カンボジアとの2連戦でいずれもピッチに立って今年の代表活動を締めくくった。「今日は前半の選手のプレーがあったからこそ、後半に僕が生きるプレーを出せた。運が良かった」と謙遜するが、指揮官に新たな発見をもたらしたのは間違いないだろう。「これを続けていきたい」と意欲を燃やす柏木。この先がますます楽しみだ。

(取材・文 矢内由美子)


●ロシアW杯アジア2次予選特集