香川に指示を送るハリルホジッチ監督。ハーフタイムには選手たちに裏への動きを要求したという。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 勝利することはできました。しかし、前半の出来にはまったく満足していません。それは私の責任です。いろいろな選手をトライし、連係が十分でない選手を選んだために、前半は混乱が起きました。
 
【PHOTOギャラリー】カンボジア 0-2 日本

 また、後半はいつもどおり大きなチャンスを作りましたが、2点しか取れませんでした。選手を祝福しなくてはいけませんが、日本代表はもっと向上しなければいけません。
 
――ハーフタイムには選手たちにどのような指示を? また柏木選手にはどのようアドバイスを送りましたか?
 
 皆さん、見られたように柏木が1、2回ボールに触っただけでゴールに近づけましたし、PKも得られました。彼は後ろからの組み立てにおいて、必要な選手です。ダイアゴナルなパスを入れることができ、相手の背後にもパスを送れます。また前線への動き出しもできます。前線の選手たちも良いパスコースを作り出してくれました。
 
(他の)中盤と前線の選手には、もっと背後への動きとオブリックランニング(斜めの走り)をしてくれと伝えました。また柏木と山口を中心にしっかりビルドアップをしてくれと。そして(香川)真司には岡崎と違う動きをしてくれと話しました。
 
――カンボジアの印象は?
 
 真実を言いたいと思います。よく闘い、よく守備をするチームでした。カウンターアタックも仕掛けてきました。ただこれは他のアジアの監督たちへのメッセージにもなりますが、毎回、今日の(カンボジアの)ようなプレーをしていては、向上はしないと思います。チームを発展させたいならもう少し勇気をもって攻撃をするべきです。恐らくこの点が原因で、アジアのサッカーは低いレベルに留まっているんだと思います。
 
――今日の試合は選手をテストする意味合いが強かったと思いますが、その評価は? また美しく終わりたいと話していましたが、今日は美しく終われましたか?
 
 この2試合で20人の選手を起用したと思います。これは私にとって稀なことです。皆さんも初めて見られたのではないでしょうか。リスクはありましたが、予選の段階で、このようなテストは可能だと理解していました。
 
 A代表でどのような振る舞いをするのか。選手たちには、自分たちのクラブとはまったく別の行動を要求しています。ビルドアップのところではいつもハイレベルにできるわけではないですが、何人かの選手にはもっとやって欲しかったです。(今日の試合では)後半はバランスが良くなり、ボールがサイドにも背後にも行くようになりました。柏木、本田はチームにプラスをもたらしてくれました。チームに関しての情報は多く得られたと思います。
 
 美しさの点では一応、勝つことができました。ただ、もうちょっと得点は取れたと思います。