本田圭佑、新記録となる日本代表5試合連続ゴールを振り返る

写真拡大

今シーズン、ミランでは不遇の時を過ごしている本田圭佑だが日本代表では存在感を見せている。

12日のシンガポール戦の得点で1985年に4試合連続ゴールを決めた木村和司氏の記録に並んでいた本田。17日のカンボジア戦で途中出場すると試合終了間際に得点を決め、ワールドカップ予選5試合連続の日本代表新記録を達成している。

あれから30年…本田の5試合連続ゴールを振り返ってみてみよう。

9月3日 カンボジア代表戦

前半、こぼれ球を拾った山口蛍からパスを受けると得意の無回転シュートでゴール。GKを吹き飛ばす一撃で、伝説は始まった。

本田のコメント(試合後)

「(試合を終えての感想は)2つあります。試合に勝ってほっとしている。もう1つは、もう少しいいサッカーができたんじゃないかなぁと。もう少しチャンスを作り出すことができたんじゃないかなぁと。3点じゃなくて4点、5点というものをファンの皆さまに見せたかった」

「ボールもらって基本あの場面ではパスを選択するんですけど、相手がボールに寄せてこなかったので、まぁ打ってみようかなという流れだったんですよね。打った瞬間入らないかなと思ったんですけど、結果的に入って良かったです」

試合結果:
日本 3-0 カンボジア

会場:
埼玉スタジアム2002(埼玉)

得点者:
28分 本田圭佑
50分 吉田麻也
61分 香川真司

ハイライト動画:

当時の試合レポートはこちらからどうぞ。

9月8日 アフガニスタン代表戦

中立地テヘラン(イラン)で行われたゲームは日本代表の圧勝となった。香川真司、宇佐美貴史とのコンビネーションから最後は本田、試合の締めくくりはやはりこの男だった。

本田のコメント(試合後)

「タイミングよく入っていくことができました。真司は重要な仕事をしてくれました」

試合結果:
アフガニスタン 0-6 日本

会場:
アザディスタジアム(テヘラン)

得点者:
10分 香川真司
35分 森重真人
49分 香川真司
57分 岡崎慎司
60分 岡崎慎司
74分 本田圭佑

ハイライト動画:

当時の試合レポートはこちらからどうぞ。

10月8日 シリア代表戦

これまた、中立地マスカット(オマーン)で行われたゲーム、戦時中のシリアに対して本田は冷静にPKを叩きこむ。

本田のコメント(イランへ移動後)

「前半、非常に向こうのプレッシャーに苦しんだんですけど、後半それを修正できたというのが収穫でした」

試合結果:
シリア 0-3 日本

会場:
シーブ・スタジアム(マスカット)

得点者:
55分 本田圭佑(PK)
70分 岡崎慎司
88分 宇佐美貴史

ハイライト動画:

当時の試合レポートはこちらからどうぞ。

11月12日 シンガポール代表戦

日本代表のパスワークから最後は武藤嘉紀、本田とつないでゴール。綺麗な崩しで追加点を決めた。

本田のコメント(カンボジアに移動後)

「前半戦、入り方は悪くなかったです。

シンガポールよりチャンスを多く作って1点でも多く取れればなと考えていました」

試合結果:
シリア 0-3 日本

会場:
シンガポール・ナショナルスタジアム(カラン)

得点者:
20分 金崎夢生
26分 本田圭佑
87分 吉田麻也

ハイライト動画:

11月17日 カンボジア代表戦

左サイドを突破した藤春廣輝のクロスにヘッド、フィジカルの強さ・高さはカンボジアにはないものだった。

本田のコメント(試合前)

「簡単な条件ではないんですけれども、それは相手も一緒なんで。

人工芝のプレーは若い時に経験があるから問題がないです。

しっかり幅を使いながら相手のゴールに迫っていければ」

試合結果:
カンボジア 0-2 日本

会場:
プノンペン・オリンピックスタジアム(プノンペン)

得点者:
51分 OG
90分 本田圭佑

ハイライト動画:

いかがだっただろうか?5試合連続ゴールといってもその内訳は様々であり、どこからでも得点がとれるのが本田の強みの1つであることが良くわかる。年内の日本代表戦はカンボジア戦が最後、2016年3月埼玉スタジアムでのアフガニスタン戦に記録更新の期待がかかる。