あっちゃんの熱いスヌーピー愛「私はスヌーピーと共に生活している」。

写真拡大

女優の前田敦子(24歳)が11月17日、都内で行われた“スヌーピー”初のCG/3D映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」のスペシャルイベントに登場した。

この日のイベントは、「I LOVE スヌーピー!」の掛け声とともに華やかにスタート。巨大なスヌーピーの小屋のセットから最初に登場したのは、吹替え版の声優を務めた豪華な子役たち、鈴木福(チャーリー・ブラウン役)、芦田愛菜(チャーリー・ブラウンが恋する赤毛の女の子役)、小林星蘭(サリー役)、谷花音(ルーシー役)の4人だ。

さらにこの日を祝うために来日した監督のスティーブ・マーティノと「ピーナッツ」原作者の息子であり、本作でプロデューサー・脚本を務めたクレイグ・シュルツ、そして本作の主役スヌーピーも会場に駆け付けた。

そして次に登場したのが、本作でスペシャル・アンバサダーを務める前田。ドローンでできた“空飛ぶウッドストック”を連れ、黄色い衣装を着てゴンドラで可憐に登場すると、大好きなスヌーピーの映画を制作した監督とクレイグに会えたことに大興奮の様子。「私は、スヌーピーと共に生活している、と言っていいぐらい、家にグッズがたくさんあるのですが、公開を楽しみにしている一人のファンとしてこういう場にいれてすごく嬉しいです。1年前から映画館で『来年12月公開』という予告を見ていたのですが…、1年ってあっという間ですね。公開が楽しみです」とスヌーピー愛を熱く語った。

また、日本版エンディング曲「A Song For You」を歌うシンガーソングライター・絢香も登場し、生歌を初披露。スヌーピーとチャーリー・ブラウンの絆を表現した心に響く歌詞とメロディ、そして透明感のある美しい歌声に、会場全体が酔いしれていた。

映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」は、12月4日(金)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。