16日、トルコを訪れている韓国の朴槿恵大統領が、「北朝鮮が核を放棄すれば、毎年630億ドルの需要が予想される北東アジア地域のインフラ投資を支援する」と明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は平壌。

写真拡大

2015年11月16日、韓国・聯合ニュースによると、トルコを訪れている韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、「北朝鮮が核を放棄すれば、毎年630億ドル(約7兆7000億円)の需要が予想される北東アジア地域のインフラ投資を支援する」と明らかにした。

【その他の写真】

15日(現地時間)、トルコのアンタルヤで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合に出席した朴大統領は、インフラ需要と開発潜在力の大きい地域に対する国家間の共同投資協力を提案した上で、「北朝鮮が核を放棄し、開放と協力の道を選ぶのなら、国際社会と力を合わせ、毎年630億ドルの需要が見込まれる北東アジア地域のインフラ投資を支援する計画だ」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「本気か?北朝鮮は『核を放棄した』とうそをつくに決まっている」
「金正恩(キム・ジョンウン)を信じるの?どうしても支援したいなら、自費でして」
「言葉通りに実行せず、金正恩に詐欺罪で逮捕されたらどうする?もう少し考えて発言してほしい」

「またたばこ税や酒税が上がる…」
「莫大な借金を抱えている国が、なぜ他の国を支援する?」
「国民の税金を自分のものと考えているようだ」

「北朝鮮が核を放棄することはないと分かっているから、そんな強気な発言をしたのだろう」
「その金で、北朝鮮は核より強力な兵器を開発する」
「北朝鮮と統一した後、核がなければ日本や中国、ロシアに対抗することができない」(翻訳・編集/堂本)