ぱるるの“フーッ”で頭髪舞う、海原はるかの髪の毛芸参加で大喜び。

写真拡大

アイドルグループ・AKB48の島崎遥香(21歳)が11月17日、大阪で行われた主演映画「劇場霊」のイベントに参加。“大阪のぱるる”こと海原はるか(67歳)らと対面し、4DX上映を体験した。

この日、作品のPRキャンペーンのため大阪入りし、舞台挨拶に登壇した島崎と中田秀夫監督。ゲストには、大阪のベテラン漫才コンビ、海原はるか・かなたが登場し、関西応援隊長である“大阪のぱるる”こと、はるかがお家芸の“髪の毛芸”を披露した。

かなたが「ぱるるちゃん、いっぺん吹いてみます? この髪?」と島崎に尋ねると、「えっ!? いいんですか!? 本物を!」と食い気味に興奮。はるかに向かってフーッと息を吹くも髪はうまく吹き上がらず、はるかは「ぱるるちゃん…耳の穴に吹きかけちゃダメ…。耳の穴のもうちょっと上を吹いてちょうだい…」と指示、さらにもう一度フーッと吹くと、今度はうまく髪が舞い上がった。

これには島崎も「めっちゃ大阪っぽいですね!」と大喜び。中田監督も「間近で、テレビで見るのとは逆アングルで見せていただいて、非常に貴重な映像だったと思います(笑)」と楽しんだ様子だった。

舞台挨拶終了後の囲み取材では、島崎にフーッとされたはるかは「『幸せ』以外に何もございません! 年齢的に言ったら、おじいちゃんと孫みたいな関係(島崎21歳、はるか67歳)ですからね。可愛くて仕方がない、目の中に入れても痛くないような孫に吹かれて『じぃじぃもうしあわせ〜』って、そんな感じですよ」と感想を語った。

映画「劇場霊」は11月21日より全国ロードショー。